日食なつこ、開催中の「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」ツアーファイナルのライブ生配信が決定!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、12月18日横浜1000CLUBにて開催する「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」ツアーファイナル公演を生配信することを発表した。

全国18会場をまわる有観客ワンマンツアー「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」を開催中の日食なつこ。ツアーファイナルとなる横浜1000CLUBのチケットは完売していたが、会場に来られない方にも楽しんでもらいたいと生配信を決定。ツアー15会場を共に駆け抜けるパーカッショニスト・木川保奈美氏を迎えた2ピーススタイルでの出演が決定している。

生配信は配信プラットフォームのStreaming+にて行われ、視聴チケットは12月3日(金)12:00よりイープラスにて受付開始となる。アーカイブ期間を含めた12月24日(金)まで購入できるので、当日ライブ会場に行った人も配信映像を視聴することが可能となっている。二度三度、是非お楽しみいただきたい。

▼視聴チケット販売サイト
https://eplus.jp/nisshoku-natsuko-st/

【ライブ生配信情報】
公演名:「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」
公演日:2021年12月18日(土)
公演時間:開場 17:00 / 開演18:00 / 終演 20:00予定
LIVE配信期間:12/18(土) 17:30~19:30
アーカイブ配信:12/24(金) 23:59まで
視聴チケット料金:¥3,000(税込)
視聴チケット販売スケジュール:12/3(金)12:00~12/24(金)18:00
※視聴可能期間最終日1日前よりクレジットカード決済のみでの販売となります。

*イープラス*
https://eplus.jp/
*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


LD&K、レーベル初期の“Sonic Coaster Pop”他、旧譜配信第二十一弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。

大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された

みうらじゅん、勝手に観光協会、大賀勇気、BOILED FISH PASTE、大阪紅牛会に続き

今週1日より、Sonic Coaster Pop 、T.T.F.L. 、cigarett 、Roly Poly Rag Bearの 4タイトルが配信開始。


ぎがもえか、クララズとの多摩川の河川敷で歌うアコースティックコラボカバー映像「ばらの花(くるりcover)」公開

東京を拠点に活動し、その透明感のある伸びやかな歌声に注目が集まるシンガーソングライター「ぎがもえか」が
リスペクトするアーティストを招いてコラボレーションするカバームービー企画『My Favorite Songs』の最新映像が公開された。
コラボしたアーティストはソロユニット「クララズ」。
バカがミタカッタ世界「何者」ではメインボーカルとして歌唱で参加するなど話題になっている。
2000年代を代表するロックナンバー、くるりの「ばらの花」をそれぞれがギターを片手に、和泉多摩川の河川敷でアコースティックカバーしている。

▼ぎがもえか×クララズ「ばらの花」/くるりcover
https://youtu.be/-iIr7Z2Dr4Q

これまでに公開されている
シンガーソングライター「白と枝」、ロックバンドpaioniaのフロントマン「高橋勇成」
とのコラボムービーは海外からもコメントが寄せられている。

ぜひチェックしてみよう。
▼w/白と枝「くちなしの丘」(キセル) https://youtu.be/IvmuzFxJY5Q
▼w/白と枝「恋とマシンガン」(フリッパーズギター) https://youtu.be/VLmTIF8HYqE
▼w/高橋勇成(paionia) 「愛燦燦」(美空ひばり)https://youtu.be/-Dffg3nSkL0

-------------------------
■ぎがもえかプロフィール
3歳からピアノに触れ、音楽と過ごす。
19歳よりガットギターに持ち替え、都内を中心に活動を開始する。
洗い立てのシーツのように透明感のある歌声と、一滴ずつハンドドリップするような温かいサウンドで、ライブ感の溢れる音楽を生む。
本を読まない日はないという自身のライフスタイルならではの歌詞世界も、魅力の一つ。
手紙社が主催するテキスタイルと手芸の祭典「布博」など、様々なイベントへの出演と同時に、自身がリスペクトするアーティストを招いてのコラボ演奏を定期収録している。

■クララズ
宅録活動を発端に結成された、東京を中心に活動するソロユニット「クララズ」。
くるり、Teenage Fanclub、USインディーなどから影響を受けた、
オルタナ感のあるザクっとしたギターに重なるハーモニー、
そして親しみやすさとストレンジさが同居する詞世界が表現するのは、まさに“新世代ギターポップ”。
ソロやバンドと多彩な編成の中でも一貫して魅力を放つメロディセンスと、潔く伸びやかなボーカルに定評がある。
また既発のCDやフライヤーのデザイン、イラストもすべて自身で手がけ、マルチな才能を発揮している。

■ぎがもえか
・Instagram https://www.instagram.com/moekagiga
・Twitter https://twitter.com/moekagigastaff
・YouTube https://www.youtube.com/c/GigaMoeka
・Spotify https://open.spotify.com/artist/0cT2SUuJQREIkdEyTgDkl2?si=R0QR04RHQDKWI2ZMn5EwAw

■クララズ
・Instagram  https://www.instagram.com/clalas_/
・Twitter  https://twitter.com/clalas_


プッシュプルポット2022年1月5日(水)1st.EPリリース&ツアー開催決定!

石川県金沢市発、激熱ロックバンド プッシュプルポットが、2022年1月5日(水)に1st.EP『鐘を鳴らして』をリリースすることを発表した。
リリースに伴い「軽バンでGO!GO!ツアー」が来年1月15日(土)から6ヶ所巡るツアーが始まり出演者も同時発表された。追加出演者は後日解禁。
リリースツアーのチケット先行販売も18時より開始した。

そして12月15日(水)より1st.EP『鐘を鳴らして』より今回のリード曲「鐘を鳴らして」の先行配信も開始する。

▼リリース情報
1st.EP 『鐘を鳴らして』
2022年1月5日(水)発売

[収録曲]
1.鐘を鳴らして
2.ダイナマイトラヴソング
3.季節は過ぎても
4.Unity
5.ともに
価格:1,760円(税込)
LDSF-00005 / STAY FREEEE!!!!!!!!

『鐘を鳴らして』CD購入特典(先着) プッシュプルポットステッカー
対象店舗:タワーレコード、HMV
※デザインは同じものになります。

1st.EP『鐘を鳴らして』release tour
「軽バンでGO!GO!ツアー」
▼ツアースケジュール

1月15日(土) [兵庫]music zoo KOBE 太陽と虎
OPEN 18:30 /START 19:00 w/ガガガSP

1月21日(金) [石川]金沢vanvanV4
OPEN 18:30 /START 19:00 w/Hakubi

1月29日(土) [愛知]栄 R.A.D
OPEN 16:30 /START 17:00 w/アルコサイト/ and more...

2月6日(日 [大阪] 心斎橋 BRONZE
OPEN 16:30 /START 17:00 w/LEODRAT/and more,,,

2月10日(木)[東京] 渋谷Star lounge
OPEN 18:15 /START 19:00 w/Maki

2月25日(金)[岩手]盛岡 CLUB CHAGE WAVE
OPEN 18:15 /START 19:00w/ガガガSP

【チケット情報】
1次先行 2021年11月25日(木)18:00~12月5日(日)23:59
一般発売 2021年12月11日(土) 10:00~
・前売り2,800円(1D代別)
・お一人様2枚まで、未就学児入場不可、スマチケのみ、同行者登録必須
1次先行受付はこちらから↓
販売URL:https://eplus.jp/pushpullpot/

<<プッシュプルポットOFFICIAL SITE>>
【HP】https://pushpullpot.aremond.net
【Twitter】:https://twitter.com/pushpullpot
【Instagram】:https://www.instagram.com/pushpullpot

<STAY FREEEE!!!!!!!! HP>
https://stayfreeee.com/


LD&K、レーベル初期の“みうらじゅん”他、旧譜配信第二十弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。

大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された

SUNNY SIDE SUPER STAR、Cigarett、Honey Skoolmates、Terry & Franciscoに続き

今週24日より、みうらじゅん、勝手に観光協会、大賀勇気、BOILED FISH PASTE、大阪紅牛会の6タイトルが配信開始。


“湯木慧” 単独個展『HAKOBUne-2021-』開催決定!!

表現することで”生きる”ことに向き合い、表現することで"生きる”ための感情を揺さぶる
創作者、湯木慧が2年ぶりの単独個展『HAKOBUne-2021-』を開催することを発表した。
会場は所属事務所LD&Kが新たに開設するギャラリー「澁谷藝術」にて、12月11日(土)〜19日(日)まで開催。

今年、自身の誕生日である6月5日に新レーベル”TANEtoNE RECORDS”の設立を発表した湯木慧。
“耳"で聴く音楽作品だけでなく、イラストやペイント、ジャケットデザインも自身で手掛けるなど、
アート作品も大切な表現手段として活動を続けてきた。

そんな彼女が、2019年11月にGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を、
2020年には個展番外編として、宇田川カフェグループ3店舗とのコラボカフェ個展「-渡航-」を開催。
そして今回、ギャラリーでの単独個展としては2度目の開催となる。

神話「ノアの方舟」がコンセプトのこのHAKOBUne個展で、
今回は【植物】をテーマに湯木自身が今秋書き下ろした新作絵画が展示予定とのこと。
主に原画作品となり、抽選販売もされるとのことなので、一点ものとなる彼女の作品を、この機会にぜひ観てみてほしい。

さらに、新たに制作されたグッズの販売予定に加え、
湯木慧のプロジェクト”TANEtoNE”での新しい動きもこの個展から始まるとのことで注目だ。

入場無料なので、湯木慧が表現するアートの世界をぜひ。

【湯木慧コメント】
神がノアに方舟を作らせて乗せたように
僕も僕の方舟を作り
絶やしたくない命達を乗せようと思う。
動き出す僕の方舟を是非覗きに来て欲しい。

というコメントとともに開催された初単独個展から2年経ちました。
コロナという大洪水のもと絶え絶えとなった大地に、
植物という命を芽吹かせようと思う。

- - - - - - - - - - -

【開催情報】
湯木慧単独個展『HAKOBUne -2021-』
開催期間:2021年12月11日(土)〜19日(日)
時間:10:30〜18:30
入場料:無料
会場:「澁谷藝術」
〒150-8019 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
東急百貨店本店2階
TEL:03-3477-3258

[ "HAKOBUne-2021-“特設HP ]
https://yukiakira.com/hakobune2021/

【リリース情報】
Single「心解く」
2021年9月29日リリース
配信品番:LDTN-0003
スペシャルCDパッケージ品番:LDTN-1001

*映画『光を追いかけて』書き下ろし主題歌
[“光を追いかけて”公式HP]
https://hikariwo-oikakete.com

●”湯木慧" 配信作品
https://orcd.co/yukiakira

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【湯木慧プロフィール】
表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、
五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオの制作などにも深く関わり、
自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開 催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8月8日に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、10月1日から全国順次公開の映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」を9月29日にリリースした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【湯木慧 Official Site】
https://yukiakira.com/
【湯木慧 Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart
【湯木慧 Official Instagram】
https://www.instagram.com/yukiakirart/


日食なつこ、LIVE DVD『白亜』リリース決定!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、12月25日(土)に4枚目となるLIVE DVD『白亜』をLD&K ONLINE SHOP限定でリリースすることが決定した。

2021年7月2日ヒューリックホール東京にて開催され、およそ1年4ヶ月ぶりとなった有観客でのワンマンライブ「白亜」。開催直前にサポートドラマーが体調不良のため出演キャンセルとなるも、代役を立てることなくソロでの開催を宣言。力強い”意志”と”約束”が突き刺さる圧巻のステージが、本編ノーカットで余すところなく収められている。

DVDは11月21日(日)12:00より予約開始となり、12月12日(日)23:59までの予約者限定で本人の手書きメッセージ入りポストカードが贈られるとのこと。是非お見逃しなく。

— 日食なつこコメント —
多難な渦の中に目を凝らし、僅かでも光を見つけようと誰もが足掻いた2021年夏。
その只中で開催した「白亜」の記録をDVDとして発売することにしました。
ピアノ1本のみでお客さんと向き合った1年4ヶ月ぶりの有観客ライブ。
困難の中で未来を拓く気力を奮った一夜でした。ぜひ手にしてほしいです。

▼「白亜」DVD予約特設サイト
https://nisshoku-natsuko.com/HAKUA/
▼「白亜」ライブレポート
「また馬鹿な僕らで会おうぜ」---日食なつこが1年4ヶ月ぶりの有観客ライブで魅せた<白亜>という新時代 | Qetic
https://qetic.jp/column/nisshoku-natsuko-live/403173/
▼「白亜」ライブダイジェストムービー
https://www.youtube.com/watch?v=5PEXZyTpzB0

【リリース情報】
4th LIVE DVD「白亜」
2021年11月3日(水)リリース
価格: ¥6,050(税込)
品番: 362-LDKDV

01.跳躍
02.seasoning
03.perennial
04.ワールドマーチ
05.あのデパート
06.真夏のダイナソー
07.なだれ
08.空中裁判
09.エピゴウネ
10.ヘールボップ
11.百万里
12.水流のロック
13.ダンツァーレ
14.音楽のすゝめ

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


ぎがもえか、まるで70’sへタイプ・リープするかのような新曲「留守にする」配信開始

東京を拠点に活動し、その透明感ある伸びやかな歌声に注目が集まるシンガーソングライター”ぎがもえか”の新曲「留守にする」が本日11月17日に配信リリースされた。
フルートが印象的なライブ感溢れるバンドサウンドが特徴の本作は
まるで70年代へタイム・リープするかのような「ニューミュージック・リバイバル」を感じさせる意欲作。レコーディング&ミックス、マスタリングエンジニアに中村宗一郎を迎え、サポートミュージシャンとしてDr.大内岳(AKOGARE/Glimpse Group)、Ba.木谷直人(Autis)、Gt.土屋慈人(MURAバんく。)、Fl.佐々木雄大(Autis)を招き収録された。

▼ぎがもえか
https://orcd.co/gigamoeka

-------------------------
▼本人コメント
わたしたちは家の中で多くの時間を過ごし、外の世界を”留守にして”いました。まるで水槽の中にいるような、息苦しい日々。この現実を、ほんの数ミリでも、他人事にしてしまって自分から離したかった。コロナウイルスを一人の主人公のように見立てて物語にしたのが、この歌詞の意です。この楽曲で音楽の新しい扉をまた1つ開くことができました。歌詞の世界観、そしてその中を美しく歌うフルートの音にも注目していただきたいです。
-------------------------
■ぎがもえかプロフィール
3歳からピアノに触れ、音楽と過ごす。19歳よりガットギターに持ち替え、都内を中心に活動を開始する。洗い立てのシーツのように透明感のある歌声と、一滴ずつハンドドリップするような温かいサウンドで、ライブ感の溢れる音楽を生む。本を読まない日はないという自身のライフスタイルならではの歌詞世界も、魅力の一つ。手紙社が主催するテキスタイルと手芸の祭典「布博」など、様々なイベントへの出演と同時に、自身がリスペクトするアーティストを招いてのコラボ演奏を定期収録している。

■ぎがもえか
・Instagram https://www.instagram.com/moekagiga/
・Twitter https://twitter.com/moekagigastaff
・YouTube https://www.youtube.com/c/GigaMoeka

■『My Favorite Songs』シリーズ
ぎががリスペクトするアーティストを招いてコラボレーションするカバームービー企画
「愛燦燦(美空ひばり)」、「くちなしの丘(キセル)」、「恋とマシンガン(フリッパーズギター)」も海外からもコメントが寄せられている。

▼w/高橋勇成「愛燦燦」(美空ひばり)https://youtu.be/-Dffg3nSkL0
▼w/白と枝「くちなしの丘」(キセル) https://youtu.be/IvmuzFxJY5Q
▼w/白と枝「恋とマシンガン」(フリッパーズギター) https://youtu.be/VLmTIF8HYqE


LD&K、レーベル初期の“SUNNY SIDE SUPER STAR”他、旧譜配信第十九弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。
大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された
メガマサヒデ、Ricarope、ハイ♂エナジー、晴晴゛に続き
今週17日よりSUNNY SIDE SUPER STAR、Cigarett、Honey Skoolmates、Terry & Franciscoの5タイトルが配信開始。


LD&K、レーベル初期の“メガマサヒデ”他、旧譜配信第十八弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。
大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された
ユーカリSound Track、TRIBECER等に続き
今週10日よりメガマサヒデ、Ricarope、ハイ♂エナジー、晴晴゛の4タイトルが配信開始。