日食なつこ、アナログ盤7インチ『ローカルミーハーのうた/ロコのうた』リリース決定!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、アナログ盤7インチレコード『ローカルミーハーのうた/ロコのうた』を、2022年10月5日にリリースすることを発表した。DJ/音楽プロデューサー・須永辰緒氏のラブコールによって実現し、自身としては2作目のアナログ作品となる。

A面に収録されるのは2017年の服屋不動産販売TVCMタイアップソング「ローカルミーハーのうた」。”ローカルミーハー”とは、全国的に有名なことではなくても「地元の人なら知っている」という街のスポット(店/場所)や情報、また、それらがメディアなどで世の中に発信されると嬉しくなるような人々のことを“ローカルミーハー”と呼ぶ。楽曲は、街に溢れる“ローカルミーハー”を想起させる歌詞が魅力的で、ファンにも親しまれてきた。それがこの度、この楽曲が大好きだというDJ/音楽プロデューサーの須永辰緒氏の熱烈なオファーによってアナログ盤の制作が実現した。

B面に収録される「ロコのうた」は、A面「ローカルミーハーのうた」を2021年9月からエンディングテーマに起用している、地元愛さくれつバラエティー・NHK「ロコだけが知っている」という番組のリニューアル&放送枠拡大に伴い書き下ろされた楽曲。サウンドは「ローカルミーハーのうた」そのまま、歌詞は番組オリジナルバージョンに書き改められ、番組が取材してきた全国津々浦々に広がる物語が集結。番組では1分ほどのオンエアだが、今作ではフルバージョンが収録される。CDリリースや音楽配信サービスでの流通はなく、このアナログ盤B面のみで聴くことができる。是非チェックしてみよう。

▼アナログ盤7インチ「ローカルミーハーのうた/ロコのうた」特設サイト

https://nisshoku-natsuko.com/374-ldkep/

— 日食なつこ コメント —
須永さまからたいへん嬉しいリクエストを頂戴し、『ローカルミーハーのうた』『ロコのうた』を7インチにして世に出すことになりました!日食史上では『逆光で見えない』に続いて2枚目のアナログ盤の制作になります。素敵なご縁を繋いでくださった大谷社長にも感謝です。

— DJ/音楽プロデューサー 須永辰緒氏 コメント —

CMで耳にした瞬間、即所属レーベルの担当者に”アナログ化の予定はありませんか?”と連絡した経緯も含めこのリリースは本当に嬉しい。叶えて下さって本当にありがとうございます。

【リリース情報】

2022年10月5日(水)発売

アナログ盤7インチ「ローカルミーハーのうた/ロコのうた」

<初回生産限定>

価格:税別2,100円 / 税込2,310円 

品番:374-LDKEP

形態/仕様:7inch

<収録曲>

A面「ローカルミーハーのうた」

B面「ロコのうた」

【ライブ情報】
ピアノ弾き語りソロツアー『令和モダニズム』
10/06(木)池袋|池袋 自由学園
10/14(金)新潟|高田世界館
10/21(金)佐賀|浪漫座
10/28(金)山形|文翔館 議場ホール
11/05(土)高松|四国村カフェ
11/11(金)岡山|ルネスホール
11/19(土)札幌|豊平館
11/26(土)京都|紫明会館
https://nisshoku-natsuko.com/reiwa-modernism/

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/

*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58

*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link

*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。2021年にリリースした3rd Full Album「アンチ・フリーズ」が第14回CDショップ大賞2022・入賞作品に選出。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


広島発、等身大ロックバンドbokula.が3ヶ月連続配信リリース第1段「夏の迷惑」配信スタート&ミュージックビデオを解禁!

広島発、等身大ロックバンドbokula.が先日8月より3ヶ月連続配信リリースをすることを発表。その第1弾「夏の迷惑」が本日8月17日(水)に配信開始&ミュージックビデオも解禁した。『待ってました!こんな感じ』と歌詞にある通りこの楽曲は夏ならではの共感できる歌詞や疾走感溢れるサウンドとなっている。bokula.の既存曲、足りない二人やuzaiに続くbokula.らしさ全開のこの夏ピッタリなアップチューンソング!

■Vo.Gtえいコメント

夏に起こりそうな待ってました、こんな感じ!

夏には恋に発展しちゃうかもしれない色んなあれやこれがありますよね。

夏に迷惑かけられて願ったり叶ったりしてみては!?

■新譜情報

第1弾配信リリース「夏の迷惑」

各サブスクリプションサービスにて配信中!!

https://orcd.co/bokula

▼Music Video

https://youtu.be/n3z7oBkRb8E

produceえい

撮影/編集 ひらさか

Cast 白

第2弾 9月14日(水)配信

第3弾10月12日(水)配信

レーベル:STAY FREEEE!!!!!!!!

[bokula.プロフィール]

広島発4ピース、等身大ロックバンド。

2019年9月Vo.えいとGt.かじを中心に結成。

作詞作曲を手がける21歳Vo.えいの真っ直ぐな歌声、誰もが共感できる日常を切り取った歌詞とキャッチーなメロディが特徴。

瑞々しいバンドサウンドとは裏腹に、叙情的なライブパフォーマンスも注目を集める。

<<bokula. OFFICIAL SITE>>

Web: https://bokula-hiroshima.localinfo.jp

Twitter: https://twitter.com/bokula_bandmate

Instagram:https://www.instagram.com/bokula_official


出会いと別れが交差する3月の"ラスイチ"の日に、宇田川別館バンド新MV公開

2022.3.31 出会いと別れが交差する3月の"ラスイチ"の日に、

宇田川別館バンド/Udagawa Bekkan Bandが、人生の"ラスイチ"にまつわるやるせない感情を描いた新曲とMVをリリース。

"ラスイチ" MV Link
https://youtu.be/ilTND4_3Te0

"ラスイチ" Piano Duo Link
https://linkco.re/aEsqt6ud

宇田川別館バンドHP
https://www.ubb428.com/
ロンドン、ボストン、渋谷。世界を股にかけてストリートカルチャーを描き続ける、“路上の画家”こと"オオシロムネユミ"。

彼が監督するMVこそ、宇田川別館バンド珠玉のバラードと名高い楽曲"ラスイチ"である。

MVのスペシャルゲストには、渋谷を拠点に事業を展開する宇田川カフェグループでお馴染みの、LD&K代表 "大谷秀政"を迎える。

宇田川別館バンドの新たなステージを感じさせる大人のラブソングに、オオシロムネユミのストリートの今を切り取るビビッドな色彩感覚と、大谷秀政の人生の酸いも甘いも噛み分けた深みを感じさせる男の渋い色気が、三者が生きる渋谷の街を舞台に見事に溶け合っている。

"ラスイチ"MV公開に合わせて"bohemianvoodoo/Primitive Art Orchestra"のピアニストである"木村イオリ"をゲストに迎え、Vo.ヒロと2人だけで作られた”宇田川別館バンド&木村イオリ” バージョンの"ラスイチ" Piano Duoの配信も決定。

全編1発録り、シンプルな歌とピアノのみの編成で奏でられる新たな"ラスイチ"の魅力と共に、出色の出来のMVも是非ともチェックして欲しい。

Text by Eigo Motozawa


打首獄門同好会の河本あす香 ドラマーとして復帰

打首獄門同好会の河本あす香(Dr.Vo)が昨年9月よりドラマーとしての活動を休止していたが、
この度ドラム演奏に復帰することが発表された。

河本は昨年9月にバセドウ病のため「激しい運動や心拍数があがる行為は控える必要がある」と医師に診断されたため、ライブではドラム演奏を休止して歌唱のみで参加しており、その期間打首獄門同好会はサポートドラムを入れた編成にて活動をおこなっていた。
半年間の投薬治療と検査結果を鑑み、医師より「活動再開可能」と診断を受けたため、
ドラム演奏に復帰することとなった。

また、ドラマーとして復帰イベントとして4/20(水)Spotify O-EASTにて「打首獄門同好会主催 河本あす香復活祭」が開催されることも告知もされた。ゲスト出演者は後日発表される。
https://uchikubi.site/asukafukkatsu/
本日よりチケット先行受付もスタートしているので是非チェックしよう。

▽河本あす香コメント
「昨年9月からバセドウ病の為、激しい運動にあたるドラムを休止し歌のみのライブ参加をさせていただいておりました。あれから半年、薬の効果もあり、甲状腺の数値も平常値まで下がってきましたので4月20日から活動を再開、ドラムに戻ることになりました。しばらくは身体の様子見つつ、ぶり返しの無いよう気をつけつつ活動していきますが、どうか温かい目で見守って下さいませ。今後とも打首獄門同好会をよろしくお願いします!!」

【公演概要】
公演名:打首獄門同好会主催 河本あす香復活祭
会場:Spotify O-EAST
開場/開演:18:00/18:30
チケット代:4,970円(ヨクナレ!価格)(別途ドリンク代600円)
出演:打首獄門同好会 and more..
券種:入場券
先行:3/6(日)19:00~3/14(月)23:59
先行URL:https://eplus.jp/asuka-revival/
特設サイト:https://uchikubi.site/asukafukkatsu


かりゆし58、2年ぶりのアルバムリリース&全国ツアー開催決定!

今年2/22でデビュー16周年を迎えたかりゆし58から、アルバムリリースと全国ツアー開催のニュースが発表された!

前作の『バンドワゴン』から約2年ぶりの新作は今年の母の日でもある5/8(かりゆしの日)にリリースされるとのこと。
休養していたメンバーの中村洋貴がバンドへ戻ったタイミングでコロナ渦に翻弄された激動のこの2年間。
彼らがバンドとしてどう過ごしてきたのか、どう音楽と向き合ってきたのか、どう人々に寄り添ってきたのか・・・
濃密だった2年分の想いを込めて今のかりゆし58をしっかりを映し出す作品になるだろう。

そして、アルバム発売日である5/8(日)スタートの全国ツアーも決定!
初日は神奈川 KT Zepp Yokohamaから全11公演、ツアーファイナルは地元・沖縄ミュージックタウン音市場となっている。
延期や中止を重ねたツアーを乗り越え、新作を引っさげて待望の全国ツアー。
会えなかった時間をものともしない最高のライブを各地で魅せてくれるだろう。

デビュー記念日の2/22(火)には配信シングル「ミルクと包帯」もリリースされ、さらに翌2/23(水/祝)には
『テレ東音楽2022』にて彼らの代表曲「オワリはじまり」(https://www.youtube.com/watch?v=Vb50GwvHH14)を
生披露し新旧楽曲で反響を呼ぶかりゆし58。
新作&全国ツアーという大きなニュースを発表し、2022年更なる飛躍の1年になるであろう彼らに要注目だ。

【全国ツアー日程】
5/08(日) 神奈川・KT Zepp Yokohama
5/13(金) 宮城・仙台 CLUB JUNK BOX
5/20(金) 大阪・BIGCAT
5/21(土) 広島・LIVE VANQUISH
5/27(金) 福岡・DRUM Be-1
6/02(木) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
6/05(日) 香川・高松DIME
6/11(土) 石川・金沢EIGHT HALL
6/16(木) 京都・KYOTO MUSE
6/18(土) 高知・キャラバンサライ
7/09(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場

【リリース】
♪配信シングル『ミルクと包帯』
2022年2月22日(デビュー記念日)リリース

[収録曲]
M1. ミルクと包帯
M2. 国際通りに雪が降る
M3. Where Have All The Flowers Gone

♪New Album『タイトル未定』
2022年5月8日(母の日/かりゆしの日)リリース予定
*詳細は後日発表

【かりゆし58 配信作品一覧】
https://orcd.co/kariyushi58
【かりゆし58 公式HP】
http://kariyushi58.com/


日食なつこ、配信シングル「うつろぶね」をリリース&Music Video公開!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、2022年1月26日(水)に配信シングル「うつろぶね」をリリースした。
社会が求める理想像に擬態せざるを得ない若者たち、黒く巨大な社会に向かって漕ぎ出す若者たち、かつてそんな同年代を眺めながら生まれた楽曲「うつろぶね」。アレンジャーにはEve「廻廻奇譚」を はじめ様々なアーティストの編曲やプログラミング等を担う沼能友樹氏を迎え、荒れた海、錆びついた船体、そういったものをするどく駆け抜ける音に仕上がっている。

あわせて公開されたMusic Videoは18作目「泡沫の箱庭」Lyric Videoを制作した小野ハナ氏(UchuPeople LLC)にオファー。点や線が生まれては消え、飲まれ、目まぐるしく動き続けるまさに荒波に揉まれるような映像になっている。是非チェックして欲しい。

▼日食なつこ -「うつろぶね」MV
https://youtu.be/r0UmNBHglPs

— 日食なつこ・Music Videoについて —
「泡沫の箱庭」に素晴らしいリリックビデオを授けてくださった小野ハナさんが今作にもお力添えくださいました!ありがとうございます!
雄大で幻想的な1枚画をベースにした前作とは打って変わって、常に目まぐるしく色や線や視点が動き続ける、まさに荒波に揉まれる「うつろぶね」にぴったりの映像を授けていただきました。
思考が追いつかないくらいの速度で進む刺激的な映像は、私が曲中で暗に指し示す”空っぽの船たち”に押し寄せる未来そのものの姿なのかもしれませんね。また大好きなMV作品が1つ増えてしまいました。

【リリース情報】
▼2022年1月26日(水)Digital Release
Single「うつろぶね」LDCD-738
2022年1月26日(水)0時より順次配信開始
https://orcd.co/nisshoku

▼2022年3月30日(水)発売
4th Full Album「ミメーシス」
https://nisshoku-natsuko.com/mimesis/

<初回限定盤>
価格:税別6000円 / 税込6600円 
品番:366-LDKCD
形態/仕様:窓付BOX仕様(通常盤CD+標本風カード)

<通常盤>
価格:税別3000円 / 税込3300円 
品番:367-LDKCD
形態:CD

<収録曲>
01 シリアル
02 √-1 (※読み:ルートマイナスイチ)
03 クロソイド曲線
04 meridian
05 必需品 (album ver.)
06 夜間飛行便
07 vip?
08 un-gentleman
09 hunch_A (album ver.) (※読み:ハンチエー)
10 小石のうた (Natsuko singing ver.)
11 悪魔狩り
12 うつろぶね
13 最下層で

【ツアー情報】
「蒐集行脚」(しゅうしゅうあんぎゃ)
2022年4月9日(土) 岩手 岩手県公会堂 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月16日(土) 北海道 共済ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月23日(土) 広島 ブルーライブ広島 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月24日(日) 香川 香川県文化会館 芸能ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月14日(土) 愛知 名古屋市北文化小劇場 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月20日(金) 東京 LINE CUBE SHIBUYA OPEN 18:00 / START 19:00
2022年5月21日(土) 宮城 シルバーセンター交流ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月27日(金) 大阪 森ノ宮ピロティホール OPEN 18:00 / START 19:00
2022年5月29日(日) 福岡 電気ビルみらいホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年6月4日(土) 新潟 LOTS OPEN 16:30 / START 17:30

全席指定/前売 ¥6,500(税込)

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link

*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。2021年にリリースした3rd Full Album「アンチ・フリーズ」が第14回CDショップ大賞2022・入賞作品に選出。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


LD&K、レーベル初期の“みうらじゅん”他、旧譜配信第二十弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。

大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された

SUNNY SIDE SUPER STAR、Cigarett、Honey Skoolmates、Terry & Franciscoに続き

今週24日より、みうらじゅん、勝手に観光協会、大賀勇気、BOILED FISH PASTE、大阪紅牛会の6タイトルが配信開始。


LD&K、レーベル初期の“SUNNY SIDE SUPER STAR”他、旧譜配信第十九弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。
大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された
メガマサヒデ、Ricarope、ハイ♂エナジー、晴晴゛に続き
今週17日よりSUNNY SIDE SUPER STAR、Cigarett、Honey Skoolmates、Terry & Franciscoの5タイトルが配信開始。


日食なつこ、4th Single『悪魔狩り』ミュージックビデオ解禁!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、11月3日(水)に配信リリースした4th Single『悪魔狩り』のミュージックビデオを解禁した。

▼日食なつこ -「悪魔狩り」MV
https://www.youtube.com/watch?v=BwoV1SC-2F8

真赤なロングドレスに煌びやかな装飾を纏い、スポットライトを浴びる姿に走るノイズそして一転する世界。先駆けて公開されたティザー映像で垣間見えた美しくも不穏な世界の全貌が明らかとなっている。表情や視線にも是非注目してほしい。

— 日食なつこコメント —
 誰もいないはずの館から、今宵もピアノの音がする。
 素性の知れない女主人は、人間なのか悪魔なのか。
 それを眺める貴方もはたまた、狩る者なのか狩られる側か。
 正義も悪も判別不能。
 狂った宴を始めましょう。

▼「悪魔狩り」特設&CD予約ページ
https://nisshoku-natsuko.com/4th-single/

▼配信リリース
https://orcd.co/nisshoku

【リリース情報】
2021年11月3日(水)Release
4th Single「悪魔狩り」

1.悪魔狩り
2.un-gentleman
3.meridian
[CD ONLY]359-LDKCD /¥1,500+税


“湯木慧” 映画『光を追いかけて』書き下ろし主題歌「心解く」が本日より配信スタート! 映画の舞台である秋田で撮影されたMVも公開!

2021年10月1日(金)から全国順次公開の映画『光を追いかけて』の主題歌として湯木慧が書き下ろした新曲、
「心解く」が9月29日より配信スタート。
さらに、ミュージックビデオもYouTubeにて公開された。

今作のミュージックビデオは、映画の監督も務めた成田洋一氏が手掛けており、
映画の舞台ともなった秋田県井川町で全てのシーンが撮影されている。

稲穂が黄金に輝く田園風景を湯木慧のMVとしては初となるドローンを用いて撮影され、
“光”にこだわった美しい映像にも注目してほしい。

「心解く」は配信リリースのほか、
湯木慧の公式通販サイトにて〈スペシャルブックレット付きCD〉も販売されているとのこと。

映画の公開まではあとわずか。
是非、劇場にて映画『光を追いかけて』とスクリーンから奏でられる「心解く」を感じて欲しい。

▼湯木慧コメント
映画のロケ地、まさに井川町にて撮影させて頂いた最高に美しいMVです。
それは井川の方々の多大なる協力と愛で出来ています。
そんな愛と繋がりで作られた作品は良いに決まっているのです。
絶対に見てください。息を呑みような映像美と最高に良い楽曲です。
私はこの楽曲制作そしてMV制作を通して秋田と井川町が大好きに、大切になりました。
愛をありがとう。愛を受け取って下さい。

【湯木慧「心解く」Music Video】
https://youtu.be/1OlDQdCGS3M