"かりゆし58" 5/8(かりゆしの日 / 母の日)リリースの最新アルバムより新曲「再々会会」がYouTubeにて先行解禁!

今年デビュー16周年を迎え5/8(かりゆしの日&母の日)から全国ツアーが決定しているかりゆし58。
そんな彼らが5/8リリース予定の最新アルバムより新曲「再々会会」の記念ムービーがYouTubeにて先行解禁された!

「再々会会」はかりゆし58の地元沖縄・糸満市の兼城中学校の生徒たちから『春』をテーマに詩の断片や一言フレーズ、
絵を募集したものを元に制作された楽曲。
今回その楽曲を、学校生活の様々なシーンを撮影した生徒たちの動画とレコーディング風景を織り交ぜた記念ムービーとして、
2022年3月12日(土)公立中学校の卒業式当日に公開。

<Vo. 前川真悟コメント>
メンバーの地元沖縄にある糸満市立兼城中学校に通う生徒さんが「春」をテーマに寄せてくれた言葉や絵を楽曲化した作品で、
彼らの学校生活を思い出ムービーに収めるお手伝いをするために生まれた動きです。
映像は学校PTAの方によってスマホで撮られました。
愛を持って見つめる目と、見守られて安心感が宿る表情。
それらが織りなす嘘のない風景こそ、彼らにとって一生宝物になる日々の断片だと思います。
かりゆし58がデビューした16年前にはまだ生まれていなかった彼らの今を生きる姿が、
バンドの新たな一歩を押し出してくれた事に心から感謝しています。

5/8リリースの新作アルバム、そして全国ツアーにもさらなる期待が膨らむかりゆし58の「再々会会」記念ムービーは必見!

【かりゆし58♪『再々会会』記念ムービー】
https://youtu.be/0y5KEK9ieB8

【2022年全国ツアー日程】
5/08(日) 神奈川・KT Zepp Yokohama
5/13(金) 宮城・仙台 CLUB JUNK BOX
5/20(金) 大阪・BIGCAT
5/21(土) 広島・LIVE VANQUISH
5/27(金) 福岡・DRUM Be-1
6/02(木) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
6/05(日) 香川・高松DIME
6/11(土) 石川・金沢EIGHT HALL
6/16(木) 京都・KYOTO MUSE
6/18(土) 高知・キャラバンサライ
7/09(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場

【かりゆし58公式HP】
http://kariyushi58.com/


ヤングオオハラ、バースデー配信リリース企画、最後となる第4弾は地球を飛び出す!?

去年の9月からメンバーの誕生日毎に新曲を配信リリースしてきたヤングオオハラ、その最後を飾る第4弾「エデンの惑星(ほし)」が完成!
タイトル通り宇宙的な浮遊感がありつつもどこか気怠く、強く優しく、そして壮大な楽曲。
言葉に表すとごちゃ混ぜ。
しかし、これこそがヤングオオハラ節ど直球なのです。
少しずつ全国区での活動を取り戻してきている彼ら、生で爆音で聴けるのを楽しみに待とう。

「ヤングオオハラ / エデンの惑星」
2022年2月27日 0時~
各主要サブスクリプションサービスより順次配信スタート
https://orcd.co/youngoohara

■ヤングオオハラ
【プロフィール】
2016年8月始動。沖縄在住のロックバンド。
2018年夏 “ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018” “RISING SUN ROCK FESTIVAL2018 in EZO”“BAY CAMP 2018” といった錚々たる大型フェスのオーディションを全く無名の沖縄のインディーズバンドが次々と突破し、注目される。
2019年「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2019」に大抜擢されteto、Hump Back、2と4バンドで全国ツアーを廻り、各地で称賛を浴びる。
6月には自身初の東名阪ツアー、ファイナルで地元沖縄でバンド史上初のワンマンを開催。秋には初の全国12箇所を廻るツアーを実施し、着実にステップアップを遂げた。
更なる飛躍の年となるはずだった2020年。コロナ禍により活動自粛を余儀なくされていたが、じわりじわりと沖縄から発信中。

【リリース情報】
新曲、過去曲をバンド初のアナログレコード化!
2022年3月2日発売
・「サマタイ / 中南海」LDKEP-364
・「なんでもないような / essential」LDKEP-365
各1,650円(税込)

【ライブ情報】
3/13 @福岡ONTAQ
3/25 @名古屋 R.A.D
3/26 @名古屋 Club Quattro
4/3 @福岡LIVE HOUSE OP’s


日食なつこ、配信シングル「うつろぶね」リリース決定!先駆けてジャケット&ティザー映像を公開

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、2022年1月26日(水)に配信シングル「うつろぶね」をリリースすることを発表した。

1月10日、”成人の日”にリリースが発表された今作は、社会が求める理想像に擬態せざるを得ない若者たち、黒く巨大な社会に向かって漕ぎ出す若者たちをかつて同年代に同じ姿をみていた自分にも重ね、考える間もなく日々押し寄せる現実の中で募らせた違和や怒り、気づきを”僕”目線で書き上げている。
アレンジャーにはEve「廻廻奇譚」を はじめ様々なアーティストの編曲やプログラミング等を担う沼能友樹氏を迎え、初タッグが実現。
現実に抵抗する”僕”の強く鋭いメッセージや感情を軽快に昇華しつつ、まさに荒波、航海を思わせるサウンドに仕上がっているとのことで是非期待したい。

リリースに先駆けてジャケット&ティザー映像が解禁され、楽曲の一部を視聴することが出来る。
勢いの止まらない日食なつこの新曲を最速でチェックしてみよう。

▼日食なつこ -「うつろぶね」Teaser
https://youtu.be/u-Z4FceZ4xI

— 日食なつこコメント —
3月アルバム「ミメーシス」に先駆けてデジタルリリースするこの曲は、アルバムのコンセプト”擬態”を強く象徴する曲です。
優秀な学生、健全な青少年、そういうものに擬態をして社会へ黒い船を漕ぎ出さざるを 得ない多くの若者たち。
かつての同年代の姿を遠目に眺めて浮かんだこの曲は、お披露目せずずいぶん長い時間が経ってしまいました。
全国各地で成人式が執り行われる1月にこの曲を先んじてリリースできることにも意味があるように感じています。
荒れた海、錆びついた船体、そういうものをするどく駆け抜ける音に還元してくださったアレンジャー沼能友樹さんに並々ならぬ御礼を申し上げます。

【リリース情報】
▼2022年1月26日(水)Digital Release
Single「うつろぶね」LDCD-738
2022年1月26日(水)0時より順次配信開始

https://orcd.co/nisshoku

▼2022年3月30日(水)発売
4th Full Album「ミメーシス」

<初回限定盤>
価格:税別6000円 / 税込6600円 
品番:366-LDKCD
形態/仕様:窓付BOX仕様(通常盤CD+標本風カード)

<通常盤>
価格:税別3000円 / 税込3300円 
品番:367-LDKCD
形態:CD

<収録曲>
01 シリアル
02 √-1   (※読み:ルートマイナスイチ)
03 クロソイド曲線
04 meridian
05 必需品 (album ver.)
06 夜間飛行便
07 vip?
08 un-gentleman
09 hunch_A (album ver.)  (※読み:ハンチエー)
10 小石のうた (Natsuko singing ver.)
11 悪魔狩り
12 うつろぶね
13 最下層で

【ツアー情報】
「蒐集行脚」(しゅうしゅうあんぎゃ)
2022年4月9日(土) 岩手 岩手県公会堂 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月16日(土) 北海道 共済ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月23日(土) 広島 ブルーライブ広島 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年4月24日(日) 香川 香川県文化会館 芸能ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月14日(土) 愛知 名古屋市北文化小劇場 OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月20日(金) 東京 LINE CUBE SHIBUYA OPEN 18:00 / START 19:00
2022年5月21日(土) 宮城 シルバーセンター交流ホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年5月27日(金) 大阪 森ノ宮ピロティホール OPEN 18:00 / START 19:00
2022年5月29日(日) 福岡 電気ビルみらいホール OPEN 16:30 / START 17:30
2022年6月4日(土) 新潟 LOTS OPEN 16:30 / START 17:30

全席指定/前売 ¥6,500(税込)
オフィシャルHP先行受付期間:1月9日(日)21:00 ~ 1月23日(日)23:59

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link

*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。2021年にリリースした3rd Full Album「アンチ・フリーズ」が第14回CDショップ大賞2022・入賞作品に選出。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


“湯木慧” 初のフルアルバム『W』ジャケットの "手” 。そして、本人コメントも公開。

“ W ”とは何者か。
表現することで、“生きる”ことに向き合い、
表現することで、“生きる”ための感情を揺さぶる、創作者“湯木慧” 。

デビュー5周年記念日の2022年2月22日に1st Full Album『 W 』のリリースを発表した彼女だが、
その記念すべき初のフルアルバムのジャケット写真が公開された。
ジャケット写真には、男性と思われる無骨な手が・・・

そして、湯木本人からもアルバムに関しての初のコメントも出された。

………….…………….…………

〜湯木慧コメント〜
人にはそれぞれ知られない過去やもう一つの自分があると思う。
誰にも言えない思いや経験を抱えていると思う。
そんな物語を想うアルバムです。

誰かの人生は物語を読んでいるようだけど、
心動かされたらそれはもうあなたの人生となるのです。

これはきっとあなたの物語。

アーティスト湯木慧のリスタート人生は
きっと何者にもなれるし、
自分から動き“W”になる時代なのです

………….…………….…………
湯木慧

収録曲は、デビュー曲「一期一会」(https://www.youtube.com/watch?v=2e0LWyqBL9M)をはじめ、代表曲「一匹狼」(https://www.youtube.com/watch?v=CTVR_LqI_Fo)や、今年の誕生日に設立した自身のレーベル“TANEtoNE RECORDS”第一弾作品「拍手喝采」(https://www.youtube.com/watch?v=PnrLkuHRhw4)や、映画『光を追いかけて』の主題歌「心解く」(https://www.youtube.com/watch?v=1OlDQdCGS3M)、そして、最新曲「XT」を含む全 17 曲入りというまさにベストアルバム的な作品となっている。

昨年大晦日には、新曲「ありがとうございした」のリリックMVがゲリラ公開されたばかり。

【 ”ありがとうございました” MV】
https://youtu.be/38BQXFl3FpE

さらに、年明け早々に下記映像が本人ツイートにて公開された。
そこには様々な感情の二人の湯木慧が・・・
https://twitter.com/Yuki_Akirart/status/1476936684050653188

「Wの在処カード 」と題された各レコードショップの早期予約特典画像も公開され、、
少しずつではあるが『W』の姿が浮かび上がってきている。

5月には過去最大箇所を廻るコロナ禍での延期を経て2年越しの開催となる全国ツアーも決定。
チケット最速先行抽選予約用シリアルコードはフルアルバム『W』初回プレス分に封入されるとのこと。

- - - - - - - - - - -

【湯木慧『W』特設サイト】
https://yukiakira.com/w/
- - - - - - - - - - -

【リリース情報】
♪ 1st Full Album『W』
2022.2.22リリース

●通常盤(CD)
  LDTN-1003 / ¥3,000(税抜)
●初回限定盤(CD+DVD+スペシャルパッケージ)
 LDTN-1002 / ¥5,000(税抜)
●LD&K SHOP限定・フォトブックSET
 CD+フォトブック / LDTN-1003 / ¥4,500(税抜)

-CD( 通常盤/初回限定盤共通 )-
1.WithWho?New2DoubleTalkin’DoubleYou
2. 拍手喝采
3. 火傷
4. 二酸化炭素 ( 舞台「二酸化炭素」劇中歌 )
5. 嘘のあと feat. 実 ( 舞台「人生の最後はきっといつも最悪」主題歌 )
6. 十愛のうた ( 舞台「僕は影のあとを追う」劇中歌 )
7. 金魚
8. スモーク
9. 心解く ( 映画「光を追いかけて」主題歌 )
10.MahounoHimitsu
11. 二人の魔法
12. 選択
13. バースデイ
14. 一匹狼
15. ありがとうございました
16. 一期一会 -2022-
17. XT

−DVD(初回限定盤のみ)−
湯木慧ワンマンライブ『拍手喝采』at 日本橋三井ホール(2021.6.5)
1. 拍手喝采 
2. 極彩 
3. Answer 
4. スモーク 
5. 網状脈 
6. アルストロメリア 
7. ハートレス 
8. 選択 
9. バースデイ 
10. 金魚 
11. 追憶 
12. 火傷 
13. 一匹狼 
14. 一期一会 
15. ありがとうございました  
+ワンマンライブ『拍手喝采』メイキング映像

【早期予約特典】
TOWER RECORDS特典:「Wの在処カード A」
HMV特典:「Wの在処カード B」
TSUTAYA特典「Wの在処カード C」

[♪ ”湯木慧" 配信作品]
https://orcd.co/yukiakira

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

【ライブツアー】
『W』リリース記念全国ツアー「Wは誰だ。」

5/07(土) : 東京・渋谷スターラウンジ
5/14(土) :大阪・心斎橋BOHEMIA
5/15(日) :愛知・名古屋BL cafe
5/22(日) :福岡・ライブハウス秘密
5/28(土) :北海道・PROVO
6/04(土):神奈川・横浜1000CLUB
*チケット最速先行抽選予約用シリアルコード封入(初回プレス分のみ)
*ツアー詳細後日発表

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【湯木慧プロフィール】
表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、
五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオの制作などにも深く関わり、
自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開 催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8/8に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」を9/29リリース。
12月には渋谷藝術にて2度目の単独個展『HAKOBUne-2021-』を開催。
そして、今年デビュー5周年記念日2022.2.22に初のフルアルバム『W』をリリースする。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【湯木慧 Official Site】
https://yukiakira.com/
【湯木慧 Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart
【湯木慧 Official Instagram】
https://www.instagram.com/yukiakirart/


“湯木慧” 新曲「ありがとうございました」リリックビデオをゲリラ公開。

2022年2月22日のデビュー 5 周年記念日に1st Full Album『W』のリリースを発表している“湯木慧”が
2021年も押し迫ったタイミングで『W』収録楽曲「ありがとうございました」のリリックMVをゲリラ公開した。

♪ ”ありがとうございました”リリックMV
https://youtu.be/38BQXFl3FpE

"ありがとうございました
もう壊れているこの世界に向けて”

2021年、ありがとうございました。

2022年2月22日『W』リリースに向けた彼女の動きから目が離せない。

- - - - - - - - - - -

【湯木慧『W』特設サイト】
https://yukiakira.com/w/
- - - - - - - - - - -

【リリース情報】
♪ Digital Single「二酸化炭素」
2021.12.22リリース
LDTN-0004

[”湯木慧" 配信作品]
https://orcd.co/yukiakira
- - - - - - - - - - - - - - - - - -

♪ 1st Full Album『W』
2022.2.22リリース

●通常盤(CD)
  LDTN-1003 / ¥3,000(税抜)
●初回限定盤(CD+DVD+スペシャルパッケージ)
 LDTN-1002 / ¥5,000(税抜)
●LD&K SHOP限定・フォトブックSET
 CD+フォトブック / LDTN-1003 / ¥4,500(税抜)

-CD( 通常盤/初回限定盤共通 )-
1.WithWho?New2DoubleTalkin’DoubleYou
2. 拍手喝采
3. 火傷
4. 二酸化炭素 ( 舞台「二酸化炭素」劇中歌 )
5. 嘘のあと feat. 実 ( 舞台「人生の最後はきっといつも最悪」主題歌 )
6. 十愛のうた ( 舞台「僕は影のあとを追う」劇中歌 )
7. 金魚
8. スモーク
9. 心解く ( 映画「光を追いかけて」主題歌 )
10.MahounoHimitsu
11. 二人の魔法
12. 選択
13. バースデイ
14. 一匹狼
15. ありがとうございました
16. 一期一会 -2022-
17. XT

−DVD(初回限定盤のみ)−
湯木慧ワンマンライブ『拍手喝采』at 日本橋三井ホール(2021.6.5)
1. 拍手喝采 
2. 極彩 
3. Answer 
4. スモーク 
5. 網状脈 
6. アルストロメリア 
7. ハートレス 
8. 選択 
9. バースデイ 
10. 金魚 
11. 追憶 
12. 火傷 
13. 一匹狼 
14. 一期一会 
15. ありがとうございました  
+ワンマンライブ『拍手喝采』メイキング映像

【早期予約特典】
○TOWER RECORDS:Wの在処カードA
○HMV:Wの在処カードB
○TSUTAYA:Wの在処カードC
*デザイン後日発表

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

【ライブツアー】
『W』リリース記念全国ツアー「Wは誰だ。」

5/07(土) : 東京・渋谷スターラウンジ
5/14(土) :大阪・心斎橋BOHEMIA
5/15(日) :愛知・名古屋BL cafe
5/22(日) :福岡・ライブハウス秘密
5/28(土) :北海道・PROVO
6/04(土):神奈川・横浜1000CLUB
*チケット最速先行抽選予約用シリアルコード封入(初回プレス分のみ)
*ツアー詳細後日発表

【湯木慧プロフィール】
表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、
五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオの制作などにも深く関わり、
自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開 催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8/8に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」を9/29リリース。
12月には渋谷藝術にて2度目の単独個展『HAKOBUne-2021-』を開催。
そして、デビュー5周年記念日2022.2.22に初のフルアルバム『W』のリリースが決定している。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【湯木慧 Official Site】
https://yukiakira.com/
【湯木慧 Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart
【湯木慧 Official Instagram】
https://www.instagram.com/yukiakirart/


日食なつこ、2022年3月30日(水)に4th Full Album『ミメーシス』リリースを発表!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、2022年3月30日(水)に4th Full Album『ミメーシス』をリリースすることを発表した。

2021年3月から立て続けにリリースし、1年が経たないうちに今回で5作目の発表となった。コロナ禍で吸い上げたさまざまな感性を、”擬態”という意味の言葉「ミメーシス」に収めたという今作。タイトルからすでに日食なつこのコンセプチュアルな世界観が魅力を放っている。詳細は12月25日(水)21:00に解禁され、同時に予約も開始されるとのこと。
前作「アンチ・フリーズ」のリリースツアーでは完売公演が続出し、熱量の高まる日食なつこの新譜、続報を要チェック。

— 日食なつこコメント —
コロナ禍中、それまで自分の中から出てくる曲や言葉の相手をするので精一杯だった私に、他人の作品や感性に向き合える莫大な時間がもたらされました。
多岐にわたるジャンルからさまざまな感性を吸い上げ、「この世界たちをいま音と言葉で自分なりになぞったら絶対面白い曲が書ける!」という強いアウトプット欲を覚えました。
今作は、その中でも早々と音楽に仕上げることに成功した曲たちを収めた作品です。
もちろん従来どおり私自身をそのまま描いた曲だってちゃんと混ぜ込んであります。
全13曲、それぞれ何に、誰に擬態しているのか、あるいはしていないのか…。
さあ、皆さまはどこまで見分けがつくでしょう?
擬態=mimesis=「ミメーシス」。高等なかくれんぼのはじまりです。

▼「ミメーシス」特設ページ
https://nisshoku-natsuko.com/mimesis/

【リリース情報】
2022年3月30日(水)Release
4th Full Album「ミメーシス」
12月25日(土)21:00 詳細解禁+予約開始

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/

*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58

*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link

*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


沖縄の新世代「ヤングオオハラ」が放つ飾らないリアルストーリー

ここ最近、立て続けに新曲をデジタルリリースしている沖縄在住ロックバンド「ヤングオオハラ」。
そして今回12月10日、ドラムのノリバルカンの誕生日に合わせて発表された新曲「なんでもないような」が時代からあまりにも逆行している。
もとより雑食性が強い彼らの楽曲だが、今回はダブ的な要素をも取り入れたスーパーチルアウトなトラックに、飾り気のない日常をありのままに綴った歌詞がただただただ沁みる。
盛りだの映えだの、目に映るものを取り除いてしまえば、日々の幸せというものは今も昔もたいして変わらないのかもしれない。
メンバー本人達は意図してもないだろうが、かぐや姫の名曲「神田川」のリリースからもうすぐ50年、その令和版アンサーソングとも言うべき作品である。

「なんでもないような」は主要サブスクリプションサービスにて配信されている。
是非チェックしてみよう。

【プロフィール】
2016年8月始動。沖縄在住のロックバンド。
2018年夏 “ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018” “RISING SUN ROCK FESTIVAL2018 in EZO”“BAY CAMP 2018” といった錚々たる大型フェスのオーディションを全く無名の沖縄のインディーズバンドが次々と突破し、注目される。
2019年「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2019」に大抜擢されteto、Hump Back、2と4バンドで全国ツアーを廻り、6月には自身初の東名阪ツアー、ファイナルの地元沖縄では初のワンマンを開催。秋には全国12箇所を廻るツアーを実施し、着実にステップアップを遂げた。
更なる飛躍の年となるはずだった2020年。
コロナ禍により活動自粛を余儀なくされていたが、じわりじわりと沖縄から発信開始。

<配信リンク>
https://orcd.co/youngoohara


LD&K、レーベル初期の“Raymonds”他、旧譜配信第二十二弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。

大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された

Sonic Coaster Pop 、T.T.F.L. 、cigarett 、Roly Poly Rag Bearに続き

今週8日よりRaymonds 、polyABC、Cave Gaze Wagonの4タイトルが配信開始。


LD&K、レーベル初期の“Sonic Coaster Pop”他、旧譜配信第二十一弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。

大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された

みうらじゅん、勝手に観光協会、大賀勇気、BOILED FISH PASTE、大阪紅牛会に続き

今週1日より、Sonic Coaster Pop 、T.T.F.L. 、cigarett 、Roly Poly Rag Bearの 4タイトルが配信開始。


ぎがもえか、まるで70’sへタイプ・リープするかのような新曲「留守にする」配信開始

東京を拠点に活動し、その透明感ある伸びやかな歌声に注目が集まるシンガーソングライター”ぎがもえか”の新曲「留守にする」が本日11月17日に配信リリースされた。
フルートが印象的なライブ感溢れるバンドサウンドが特徴の本作は
まるで70年代へタイム・リープするかのような「ニューミュージック・リバイバル」を感じさせる意欲作。レコーディング&ミックス、マスタリングエンジニアに中村宗一郎を迎え、サポートミュージシャンとしてDr.大内岳(AKOGARE/Glimpse Group)、Ba.木谷直人(Autis)、Gt.土屋慈人(MURAバんく。)、Fl.佐々木雄大(Autis)を招き収録された。

▼ぎがもえか
https://orcd.co/gigamoeka

-------------------------
▼本人コメント
わたしたちは家の中で多くの時間を過ごし、外の世界を”留守にして”いました。まるで水槽の中にいるような、息苦しい日々。この現実を、ほんの数ミリでも、他人事にしてしまって自分から離したかった。コロナウイルスを一人の主人公のように見立てて物語にしたのが、この歌詞の意です。この楽曲で音楽の新しい扉をまた1つ開くことができました。歌詞の世界観、そしてその中を美しく歌うフルートの音にも注目していただきたいです。
-------------------------
■ぎがもえかプロフィール
3歳からピアノに触れ、音楽と過ごす。19歳よりガットギターに持ち替え、都内を中心に活動を開始する。洗い立てのシーツのように透明感のある歌声と、一滴ずつハンドドリップするような温かいサウンドで、ライブ感の溢れる音楽を生む。本を読まない日はないという自身のライフスタイルならではの歌詞世界も、魅力の一つ。手紙社が主催するテキスタイルと手芸の祭典「布博」など、様々なイベントへの出演と同時に、自身がリスペクトするアーティストを招いてのコラボ演奏を定期収録している。

■ぎがもえか
・Instagram https://www.instagram.com/moekagiga/
・Twitter https://twitter.com/moekagigastaff
・YouTube https://www.youtube.com/c/GigaMoeka

■『My Favorite Songs』シリーズ
ぎががリスペクトするアーティストを招いてコラボレーションするカバームービー企画
「愛燦燦(美空ひばり)」、「くちなしの丘(キセル)」、「恋とマシンガン(フリッパーズギター)」も海外からもコメントが寄せられている。

▼w/高橋勇成「愛燦燦」(美空ひばり)https://youtu.be/-Dffg3nSkL0
▼w/白と枝「くちなしの丘」(キセル) https://youtu.be/IvmuzFxJY5Q
▼w/白と枝「恋とマシンガン」(フリッパーズギター) https://youtu.be/VLmTIF8HYqE