メタファーかトラップか、13編の創造的ミメーシス(擬態)。 日食なつこニューアルバム『ミメーシス』続報解禁!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが2022年3月30日(水)にリリースする4th Full Album『ミメーシス』の詳細を発表&予約を開始した。

まず初回限定盤と通常盤の2形態でのリリースが決定し、初回限定盤は窓付BOX仕様にCDと”標本風カード”が封入されるとのこと。アートワークはまだ明らかでないが、ここ最近リリースされたパッケージはどれも視覚的な魅力や仕掛けがあり、こだわり抜いた仕上がり。今作も期待値高く続報を待ちたい。合わせて収録曲も発表。多岐にわたるジャンルからさまざまな感性を吸い上げ、”擬態”をテーマに作り上げられた今作。先にリリースされたシングル「悪魔狩り」の3曲、アルバムバージョンにアレンジされた「hunch_A」、そして映画”ミュジコフィリア”への書き下ろし楽曲「小石のうた」日食なつこバージョンなどの既存曲に加え、新曲も半分を占めるとのこと。「この世界たちをいま音と言葉で自分なりになぞったら絶対面白い曲が書ける!」という強いアウトプット欲が生んだ全13曲に期待したい。予約はCDショップ・各オンラインサイトをチェック。

▼「ミメーシス」特設ページ
https://nisshoku-natsuko.com/mimesis/
— 日食なつこコメント —
コロナ禍中、それまで自分の中から出てくる曲や言葉の相手をするので精一杯だった私に、他人の作品や感性に向き合える莫大な時間がもたらされました。
多岐にわたるジャンルからさまざまな感性を吸い上げ、「この世界たちをいま音と言葉で自分なりになぞったら絶対面白い曲が書ける!」という強いアウトプット欲を覚えました。
今作は、その中でも早々と音楽に仕上げることに成功した曲たちを収めた作品です。
もちろん従来どおり私自身をそのまま描いた曲だってちゃんと混ぜ込んであります。
全13曲、それぞれ何に、誰に擬態しているのか、あるいはしていないのか…。
さあ、皆さまはどこまで見分けがつくでしょう?
擬態=mimesis=「ミメーシス」。高等なかくれんぼのはじまりです。

【リリース情報】
2022年3月30日(水)発売
4th Full Album「ミメーシス」

<初回限定盤>
価格:税別6000円 / 税込6600円 
品番:366-LDKCD
形態/仕様:窓付BOX仕様(通常盤CD+標本風カード) フルアルバム

<通常盤>
価格:税別3000円 / 税込3300円 
品番:367-LDKCD
形態:CD フルアルバム 

<収録曲>
01 シリアル
02 √-1   (※読み:ルートマイナスイチ)
03 クロソイド曲線
04 meridian
05 必需品 (album ver.)
06 夜間飛行便
07 vip?
08 un-gentleman
09 hunch_A (album ver.)  (※読み:ハンチエー)
10 小石のうた (Natsuko singing ver.)
11 悪魔狩り
12 うつろぶね
13 最下層で

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


日食なつこ、CMタイアップ曲「hunch_A」フルバージョンの配信リリース決定!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、三井住友カードのオールインワン決済端末「stera terminal(以下、ステラ)」・新TVCMに 書き下ろし提供した新曲「hunch_A」のフルバージョンを配信リリースすることを発表した。2021年12月22日(水)0時より各音楽配信サイトにて順次配信がスタートする。

▼配信先一覧
https://orcd.co/nisshoku

CMキャラクターには飯塚悟志さん(東京 03)、青木崇高さん、古川琴音さんが起用され、新TVCM「その時の気持ち」 店員篇/店長篇/お客さん篇(各15秒、30秒)が10月9日(土)から全国で放映され、楽曲は、これから何かが起こりそうな”予感”をテーマにピアノと声のみで制作し、3篇に共通して起用されている。フルバージョンとなった今作の吹き抜ける風のような爽快さ、ドキドキワクワクを詰め込んだ音・歌詞を是非感じて楽しんで欲しい。

— 日食なつこコメント —
SMCCさんのテレビCM用に書き下ろした30秒あまりの楽曲をフル尺に書き伸ばし、デジタルリリースすることにしました!
hunchとは「予感」という意味。何かが起ころうとする寸前にはいつもつむじ風のような予感が体をかすめて吹き抜けていきます。その瞬間のドキドキを、音や言葉遊びでめいっぱいこの曲に詰め込みました。
最近予感を感じていますか?ドキドキすることを忘れていませんか?

▼三井住友カード stera公式ウェブサイト
https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp

【リリース情報】
2021年12月22日(水)Release
digital single「hunch_A」

https://orcd.co/nisshoku

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


東京サイコパス、11月度『オドぜひ』EDテーマ決定!さらに2nd配信も決定!

LD&K発・皆殺しPプロデュースの最凶パンクアイドル「東京サイコパス」の「Welcome to Hell」が、
日本テレビ系「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」11月エンディングテーマになることが決定した。
放送日は11/4, 11, 18, 25の計4回となるので、ぜひこの機会にチェックしてほしい。

<番組概要>
番組名:オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
放送時間:毎週月曜日 深夜24時59分~(日本テレビ系列)
出演者:オードリー(若林正恭、春日俊彰)、磯貝初奈
公式HP:オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。 (ctv.co.jp)

また、本日大盛況の中渋谷チェルシーホテルで行われたワンマンライブ「東京サイコパス スケ番集会一発目」にて、
早くも2nd 配信の内容、さらに第二回ワンマン(!)の発表も行われた。
2nd 配信の収録曲は、前作と同じくRevision of Senceの楽曲をアレンジした「いいねパラサイト/前略、メンヘラ様」。
ハイテンポのアップチューンに仕上がり、まさにライブで盛り上がるナンバー間違いなしの2曲だ。
本日の公演で早くもお披露目され、メンバー各々が考えた振り付けも取り入れられている。ぜひ楽しみにしていてほしい。

<リリース内容>
・タイトル:「いいねパラサイト/前略、メンヘラ様」
・レーベル:Living,Dining,Kitchen Records
・品番:LDCD-735
・配信日時:2021/12/3 各種サブスクリプションサービスにて
・価格:2曲入¥458
ジャケットは決まり次第の発表となる。

<2nd ワンマンライブ「スケ番集会二発目」>
・日時:2021/11/19(金)open18:30/start19:00
・場所:渋谷チェルシーホテル
・価格:¥2,500(ドリンク代別)
・先行販売:2021/10/29 20:00~ローソンチケットにて
https://l-tike.com/tokyopsychopass/

■東京サイコパス
2021年8月結成、最狂パンクアイドル。
メンバーはカオス・ゾルディック、白亜御前、女郎蜘蛛、をに@ぐんそーの4名。
全員タトゥー入り、喫煙者、ピアス、派手髪と治安悪い要素 盛り沢山のメンバーが集結!
気になる楽曲はReVision of Senceの楽曲をリアレンジしたもの! 10/29には渋谷チェルシーホテルにて 初ワンマンライブ『スケバン集会一発目』決定!

Twitter: https://twitter.com/ldk_psychopath?s=21
Instagram: https://instagram.com/ldk_psychopath?utm_medium=copy_link


yuki_a

映画『光を追いかけて』の主題歌として湯木慧が書き下ろした楽曲「心解く」の
ミュージックビデオのメイキング映像が公開された。

【「心解く」メイキング映像Youtube URL】
https://youtu.be/vJX_aKQbK_Q

こちらのメイキング映像は「心解く」ミュージックビデオにてドローンを担当した金子直氏によるもの。

映画の監督も務めた成田洋一氏が手掛けた「心解く」Music Videoは全編を映画の舞台となった秋田県井川町で撮影され、
湯木の歌唱シーンは映画の中でミステリーサークルがあった場所の、2枚上の田んぼで撮影された。
“光”にこだわった美しい映像にも注目してほしい。

♪「心解く」Music Video
https://youtu.be/1OlDQdCGS3M

<<湯木慧コメント>>
んん〜...なんて素敵な映像なのでしょう。
全ての制作現場がこんなにも美しい訳ではないのです。

撮影スタッフの皆さんはもちろん井川町役場の皆さま、
町長、風のご夫婦、大事な田んぼを使わせてくれた町の方、
そしてこのメイキングを撮影してくれた金子さん...と載せきれていない人も
そのお一人お一人の存在が思い出されます。
井川町の皆さんは本当に素敵な笑顔で、綺麗な瞳です。

きっと光みたいな方達です。
このメイキングでは、そんな秋田の人の美しさや、
愛によって産まれたこのMVのそれを見て頂きたいです。

この楽曲や、映画の作品的内容でも伝えたいことはきっと沢山ありますが、
私は、このMVや映画がどれだけの愛でどうやって公開を迎えられたのか、
がすごく大事なようにも感じます。
なのでこうしてメイキングなどでその裏側、や過程、なども伝えられたら、嬉しいのです。

また、「心解く」MVの映画ver.が井川町HP限定で公開されているのでこちらも是非チェックして欲しい!

【井川町 / いかわさんといっしょHP】
https://ikawa-sakura.com

【リリース情報】
Digital Single
「心解く」
配信日:2021年9月29日(水)
配信品番:LDTN-0003
スペシャルCDパッケージ品番:LDTN-1001

[”湯木慧" 配信作品]
https://orcd.co/yukiakira

【映画情報】
『光を追いかけて』
監督:成田洋一
出演:中川翼、長澤樹、生駒里奈、柳葉敏郎、中島セナ、駿河太郎、小野塚勇人 他
主題歌:湯木慧「心解く」

[Official Site]
https://hikariwo-oikakete.com

【湯木慧プロフィール】
表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、
五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオの制作などにも深く関わり、
自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開 催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8月8日に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、10月1日から全国順次公開の映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」を9月29日にリリースした。

【湯木慧 Official Site】
https://yukiakira.com/
【湯木慧 Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart
【湯木慧 Official Instagram】
https://www.instagram.com/yukiakirart/


LD&K、レーベル初期の“SKAD MISSILE”、旧譜配信第十六弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。
大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された
flexlife 、Quinka,with a Yawnに続き
今週27日よりSKAD MISSILEの5タイトルが配信開始。


日食なつこ、三井住友カードのオールインワン決済端末「stera terminal(以下、ステラ)」・新TVCMに書き下ろし楽曲提供

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りソロアーティストの日食なつこが、三井住友カードのオールインワン決済端末「stera terminal(以下、ステラ)」・新TVCMに新曲「hunch_A」を書き下ろし提供。CMキャラクターに飯塚悟志さん(東京 03)、青木崇高さん、古川琴音さんが起用され、新 TVCM「その時の気持ち」 店員篇/店長篇/お客さん篇(各15秒、30秒)が10月9日(土)から全国で放映される。

本TVCMは、ステラを導入した小さなベーカリーの店長(飯塚さん)と、笑顔で働く女性店員(古川さん)、そして、「いつか自分の店を持つため」と“偵察”に来ている常連客(青木さん)の日常を描いたストーリー。3篇はいずれも同じ場面を切り取っているが、登場人物 3人をそれぞれ主人公とすることにより、図らずも「すてきなお店にしたいから」という共通の想いがあることを異なる視点で表現。楽曲「hunch_A」は、そんな3人の日常にこれから何かが起こりそうな”予感”をテーマにピアノと声のみで制作し、3篇に共通して起用されている。それぞれのストーリーによって変わる雰囲気も是非楽しんで欲しい。

----- 日食なつこコメント -----
「何かが起こりそうな想像をさせる曲」というコンセプトのもと、「hunch(=予感)」をテーマに吹き抜ける風のような爽快さを目指しました。CMの舞台がパン屋さんということもあり、もしパン屋さんに入店した時に自分ならこんな曲がかかっていたらわくわくしていっぱい買っちゃうかも、という個人的イメージもこそっと含めてあります。CMに登場する3人の日常に、なにか面白くて新しい「予感」を添えられる音になっていれば嬉しいです。

*三井住友カード stera公式ウェブサイト*
https://www.smbc-card.com/kamei/stera/index.jsp
*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


日食なつこ、11/3(水)に4th Single『悪魔狩り』通販限定CD&配信リリース決定! 10/27(水)にリード曲「悪魔狩り」を先行配信スタート。

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、11/3(水)に3曲入りの4th Single『悪魔狩り』を通販限定CD&配信にてリリースすることを発表した。あわせて10/27(水)0時よりリード曲「悪魔狩り」の先行配信も決定。CDはLD&K ONLINE SHOPにて本日より予約開始となる。

通販サイトのみで購入できる”通販限定CD”には2コースが用意され、CD単品販売の”Standard”、CD+オリジナルデザインエマージェンシーホイッスル”夜警団の警笛”がセットになった”Premium”から選択できる。ただし”Premium”は数量限定とのこと。是非早めにチェックして欲しい。

あわせてジャケットも公開された。漆黒に羅列される文字、重ねて目いっぱいに広げられたタイトル「悪魔狩り」が目を引くおどろおどろしいデザインだ。CDではさらに技巧を凝らした仕上がりになっているというので期待したい。

今年に入り日食なつこがリリースしたCDはこれで4枚目となる。コンセプチュアルな作品を生み出し続けてきた日食の今作はハロウィンに贈る新曲3部作。日食のコメントからその世界を少しだけ覗き見ることができる。待ち構える3匹を想像して楽しみに待とう。

----- 日食なつこコメント -----
ハロウィン感みなぎる3曲を秋シングルとしてリリースすることにしました!
3匹の名前はそれぞれ、
狂気性を孕んだ集団「悪魔狩り」、
優しくない紳士「un-gentleman」、
そして日陰のゴースト「meridian」。
あいかわらず制作時期もいでたちもまるでバラバラ(「meridian」に至ってはなんと2009年制作!)な個性派の3匹、その輪郭はキャラクター性みなぎるアレンジによって、それぞれ細部までくっきりと彫り出されています。
冷えた風が吹き始め、怪しげな明かりが灯る秋の夜。そこに顕れる3つの影は果たして味方か敵なのか?
息をつめて目を凝らし、よくよくご覧あれ。

▼「悪魔狩り」特設&CD予約ページ
https://nisshoku-natsuko.com/4th-single/
▼配信リリース
https://orcd.co/nisshoku
【リリース情報】

2021年11月3日(水)Release
4th Single「悪魔狩り」
1.悪魔狩り
2.un-gentleman
3.meridian
[CD ONLY]359-LDKCD /¥1,500+税
[CD+夜警団の警笛 SET]359-LDKCD / ¥3,000+税

【ライブ情報】
「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」
9/8(水)東京Cafe BOHEMIA(渋谷)
9/15(水)大阪Cafe BOHEMIA心斎橋
9/23(木祝)広島CLUB QUATTORO
9/25(土)梅田Shangri-La
9/29(水)下北沢シャングリラ
10/3(日)名古屋Electric LadyLand
10/16(土)盛岡club change
10/17(日)仙台Rensa
10/24(日)渋谷Star Lounge
10/25(月)渋谷CHELSEA HOTEL
10/31(日)札幌Sound Lab mole
11/2(火)金沢EIGHT HALL
11/4(木)新潟LOTS
11/13(土)福岡LIVE HOUSE秘密
11/28(日)桜坂セントラル
12/3(金)岡山CRAZY MAMA KINGDOM
12/4(土)高松Festhalle
12/18(土)横浜1000CLUB

Ticket:Adv.¥6,000

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link
*日食なつこプロフィール*
1991年5月8日岩手県花巻市生まれ、ピアノ弾き語りソロアーティスト。
9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なアーティスト活動を開始。直接人の心の琴線に触れるような力強い歌声、そして緻密に練り込まれた詞世界、作曲技術が注目を集め、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『FUJI ROCK FESTIVAL』など大型フェスにも多数出演。ギターやベースなどの楽器、そして時にドラムのような打楽器のパートさえもピアノひとつで表現する、独自のプレイスタイルを軸に活動を続ける。ライブではピアノ弾き語りのほかに、ピアノ×ドラムのみのシンプルな形態で臨むがことが多く、ライブハウスやホールだけでなく、カフェやクラブ、お寺や重要文化財等でもライブを行い、数々の会場をプレミアムな非日常空間に作り変えてきた。強さも弱さも鋭さも儚さも、全てを内包して疾走するピアノミュージックは聴き手の胸を突き刺さし、唯一無二の音楽体験を提供する。


“湯木慧” 秋田を舞台とした映画『光を追いかけて』書き下ろし主題歌「心解く」、9/29リリース決定!

自身の新レーベル”TANEtoNE RECORDS”を設立した湯木慧が、8月8日リリースのシングル「拍手喝采」に続く
新レーベル第二弾作品として、シングル「心解く」を9月29日に配信リリースすることが決定。

今作は10月1日から全国順次公開されるオール秋田ロケ映画『光を追いかけて』の主題歌として書き下ろした楽曲であり、
湯木慧が実際に秋田まで足を運んで制作。
秋田での景色、匂い、想いなど、一つ一つ大切に感じながら歌と本人演奏のピアノのみで創られている。
全国公開に先駆けて、9/23(木/祝)にAL⭐︎VEシアターイオンシネマ大曲(秋田)にて先行公開も決定。

映画は過疎化が進む秋田の美しい田園を背景に、傷つきやすい思春期の少年少女と大人たちの葛藤を描いた物語で、
主題歌となる今作は、誰しも当たり前に生きていく中で、気がついたら絡まっていた自分自身の心に向き合い、
確かな光を感じれるような作品となっている。

そんな「心解く」が9/21(火)放送のJ-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」(https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/)
にて初オンエアされることも決定。
そして、配信シングルジャケットも公開!

さらに、配信リリースの他、数量限定スペシャルフォトブック付きCDパッケージでの販売も決定。
こちらの詳細は追って公開予定とのこと。

是非「心解く」をチェックして、映画『光を追いかけて』を劇場で観てほしい。

<<湯木慧コメント>>
主題歌を作ります。となってからまず思ったのが、秋田に行こう。でした。
全く秋田に関わりのなかった自分が書いて良いのか否か迷いながらも、
色々な事の裏や表を想像し想いを馳せながら訪れた秋田は唯一無二の壮大な景色と香りでした。

大人と子供、内側と外側、光と影。

人間のうまくいかない感情やもがく様やぶつかり合ったりくっついたり離れたり壊れたり戻ったりするその形が、
すごく絡まっているようにみえて、ぐちゃぐちゃだなって。
そんな絡まったものが一つずつ解かれる時に、私はすごく光を感じるというか、すーっとなる。
それを形に、楽曲にできないかなぁなんて思いながら作った曲です。

映画を観た方は勿論、幅広く多くの方の想いや心に寄り添いリンク出来る楽曲になったと思うのです。
是非映画と合わせて楽曲も沢山噛み砕いて欲しいです...。
秋田大好き。

<<成田洋一監督コメント>>
映画の主題歌は、実は考えていませんでした。
エンドロールの背景は黒画面にし、朝の学校の効果音だけにするつもりでした。
せっかくのストーリーの余韻が、音楽で邪魔されるのが嫌だったので。
ところが、編集の過程で、黒画面ではなく、映像を入れることになりました。そうなると主題歌を入れないともたないなと。
ただ、曲が流れることで映画の世界観を崩すことはしたくない、むしろ、観客の余韻を増幅する曲じゃないと入れたくないと強く思いました。
もともと、湯木慧さんのことは知っていました。
その歌は、心の奥の方に隠している弱さを鷲掴みにし、目の前に突きつける、そんな容赦のなさがありました。

心が震えました。
この人に「心の肌」があるとするなら、限りなく薄く、触れるものは風でさえ敏感に感じ取り、常にヒリヒリする痛みを感じてしまう。
痛々しい......彼女の歌にはそんな絶望の魅力を感じたのです。
僕の映画の世界観と彼女の歌の世界観は、確実に合う、でも、そこに未来はあるのか? そんな不安もありました。
ただ、何度も何度も彼女のさまざまな曲を聴いているうちに、どの曲にも微かな光を感じました。
未来はある。危険ではあるが、心中するのもおもしろいかと。
そう思うと妙に高揚し、彼女しかいないと思うようになりお願いすることになりました。

初めて彼女に会った瞬間に、あぁ、やっぱりそうかと。もはや何の心配もないなと。
この人の「心の肌」にまかせようと決めました。
映画を見てもらった上で、彼女の希望で秋田に向かいロケ地を案内しました。
映画のシーンをひとつひとつ噛み締めるように彼女は見つめ、匂いを嗅ぎ、時には覚えてしまったセリフを口にしてました。
思い出深いのは、屋根の上。二人で登り、草刈りによって流れてくる青臭い香りを嗅ぎながら一時間あまり話しました。
内容は覚えていません。おそらく頭に浮かんだ言葉の素直なやりとりをしていたのではと思われます。
それで充分だったのではないでしょうか。

その後、あがってきたのが「心解く」です。
長期にわたる編集で何度も何度も見てきた作品でしたが、この曲がエンドロールとともに流れてきた時、
あぁ、これでやっと完成したんだと思いました。
と同時に「運命」という言葉が頭に浮かびました。
そう、やはり運命だったのです。
『光を追いかけて』の宣伝コピーは「光を望むな、光となれ。」としましたが、
実は映画が完成してから、 つまり主題歌をエンドロールに入れてから浮かんできた言葉です。
それは、まさにこの映画で真に伝えたかったこと。
「心解く」が導いてくれたような気がします。

【湯木慧プロフィール】
表現することで、“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、
五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
イラストやペイント、舞台装飾、ミュージックビデオの制作などにも深く関わり、
自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日にはメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、ワンマンライブ「繋がりの心実」をキネマ倶楽部(東京)、Shangri-La(大阪)にて開 催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。2020年8月19日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表。
8月8日に第一弾シングル「拍手喝采」をリリース。そして、映画主題歌でもある第二弾シングル「心解く」を9/29にリリース。


【リリース情報】
Digital Single
「心解く」
配信日:2021年9月29日(水)
配信品番:LDTN-0003
スペシャルCDパッケージ品番:LDTN-1001


【映画情報】
『光を追いかけて』
2021年10月1日(金) グランドシネマサンシャイン他全国順次公開
9月23日(木祝) 秋田AL☆VEシアターイオンシネマ大曲シネマズにて先行公開
監督:成田洋一
出演:中川翼、長澤樹、生駒里奈、柳葉敏郎、中島セナ、駿河太郎、小野塚勇人 他

【映画『光を追いかけて』Official Site】
https://hikariwo-oikakete.com


【湯木慧 Official Site】
https://yukiakira.com/
【湯木慧 Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart
【湯木慧 Official Instagram】
https://www.instagram.com/yukiakirart/


LD&K、レーベル初期の“Our Hour”他、旧譜配信第七弾!

今年が起業30周年となる代表大谷の記念プロジェクトの一環。
大谷がA&Rプロデューサーとして活躍した「トニー大谷」時代の音源。配信では初解放となります。

先週開始された
極東ラヴァーズオーケストラ、SAMONES、メガロマニアックスに続き
今週25日よりOur Hour、Reeferの5タイトルが配信開始。

配信サイト

iTunes Store
Apple Music
Spotify
LINE MUSIC
AWA
amazon music
YouTube Music
KKBOX
Rakuten music
レコチョク
mora
など音楽配信サービス


日食なつこのアイスブレイク。 8月11日リリースのニューアルバム『アンチ・フリーズ』からM1「なだれ」Studio Footageを公開!

進み続ける全ての人へ、日食なつこのアイスブレイク。
8月11日リリースのニューアルバム『アンチ・フリーズ』からM1「なだれ」Studio Footageを公開!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、8月11日(水)に13曲入りの3rd Full Album『アンチ・フリーズ』をリリースした。CDはスペシャルパッケージの初回盤と通常盤が用意され、配信もスタート。そして同日0時、ニューアルバムに収録されるM1「なだれ」Studio Footageが公開された。

スタジオに向かい合ってセットされたピアノとドラムの周りをカメラが囲み、レコーディングの様子をマルチアングルに押さえた映像となっている。ピアノを弾く手元やドラム目線の表情など、軽快に展開される様々な角度からその様子を楽しむことができるファン必見の仕上がり。どうぞお見逃しなく!

また本作を携えた全国ツアー『ドリップ・アンチ・フリーズ Tour』は9月から予定され、チケットは先行受付中とのこと。詳しくは特設ページをチェック!

▼日食なつこ -「なだれ」Studio Footage
https://youtu.be/ahIKejrO-EQ

▼特設ページ
https://nisshoku-natsuko.com/anti-freeze/
▼配信リリース
https://orcd.co/nisshoku
【リリース情報】
2021年8月11日(水)Release
3rd Full Album「アンチ・フリーズ」
1.なだれ
2.真夏のダイナソー
3.ダンツァーレ
4.百万里
5.KANENNGOMI
6.HIKKOSHI
7.四十路(cluster ver.)
8.峰
9.perennial
10.ワールドマーチ
11.99鬼夜行
12.泡沫の箱庭
13.音楽のすゝめ
[初回限定盤]354-LDKCD /¥4,200+税
[通常盤]355-LDKCD / ¥3,000+税

【ライブ情報】
「ドリップ・アンチ・フリーズ Tour」
9/8(水)東京Cafe BOHEMIA(渋谷)
9/15(水)大阪Cafe BOHEMIA心斎橋
9/23(木祝)広島CLUB QUATTORO
9/25(土)梅田Shangri-La
9/29(水)下北沢シャングリラ
10/3(日)名古屋Electric LadyLand
10/16(土)盛岡club change
10/17(日)仙台Rensa
10/24(日)渋谷Star Lounge
10/25(月)渋谷CHELSEA HOTEL
10/31(日)札幌Sound Lab mole
11/2(火)金沢EIGHT HALL
11/4(木)新潟LOTS
11/13(土)福岡LIVE HOUSE秘密
11/28(日)桜坂セントラル
12/3(金)岡山CRAZY MAMA KINGDOM
12/4(土)高松Festhalle
12/18(土)横浜1000CLUB

Ticket:Adv.¥6,000

*日食なつこ公式HP*
https://nisshoku-natsuko.com/
*日食なつこTwitter*
https://twitter.com/NSN58
*日食なつこInstagram*
https://instagram.com/nisshokunatsuko_official?utm_medium=copy_link