全国から注文殺到!CBDを配合したメンタルエナジービールが再入荷決定!!

禁酒期間中にも関わらず品切れとなった話題の日本で初めてCBDビール流通までを果たしたメンタルエナジービール「CBDBeer #chill&relax」コロナ禍だからこそ、 「C(corona / コロナ)B(break / 休む・壊す)D(days / 日々)」でリラクゼーション革命!

ストレスも多いコロナ禍でも、 日常をポジティブで上質な生活を送っていただけるよう、 深いリラックスを与えてくれることで世界中でブームの「CBD」を配合したメンタルエナジービール「CBD Beer #chill&relax」
”どこよりも自由なクリエーター集団”株式会社LD&Kが運営する宇田川カフェから昨年12月中旬リリースし、 発売開始から5日間でで在庫切れ!毎月3500本以上を売り上げて、 全国取扱店舗もこの6ヶ月で250店舗と多くの皆様にご愛好いただいております!

アメリカのラボにて分析通過し、 高品質に徹底したCBDパウダーと、 リモネンなど多くのテルペンが含まれているレモンの皮を配合することで、 CBDとの相乗効果が期待でき、 フルーティーで豊潤な香り高く、 CBDを感じながらも、 とても飲みやすい「CBD Beer #chill&relax」の生産が可能になりました。 高品質な“渋谷発”メンタルエナジービールでストレスリリースし、 本来のポジティブでアクティブな生活を後押しします!

原料となるCBDは、 安心安全を徹底した商品を提供する日本メーカー「株式会社ワンインチ」( https://oneinch.co.jp/ )協力の元で開発。
醸造所はフルーツビールに定評のある元祖地ビール工場「サンクトガーレン」( https://www.sanktgallenbrewery.com/ )に依頼し実現した同商品は、 宇田川カフェ通販サイトでも購入可能。 ステイホームはわかっているけどアクティブに外出できないイライラが募るお家時間にも最適。
日頃頑張る自分へのご褒美として「CBDBeer」を片手に、 ONからOFFへのスイッチの切り替えながらストレスと緊張状態を解放して気持ちよくリラックス時間を設けてみてはいかがでしょうか?

▼通販サイト(*7月3日より発送開始)
<CBDビール3本セット>
http://udagawacafe-shop.com/shopdetail/000000000121
<渋谷ビール×CBDビールエナジーパック6本セット>
http://udagawacafe-shop.com/shopdetail/00000000

▼CBDについて
CBDとは麻から抽出される天然化合物のことであり、
リラックス効果・健康維持に役立つとされており、
アメリカ等では医療でも活用されている成分です。

▼商品情報
品名:CBDビール チル アンド リラックス
原材料:麦芽(米国),ホップ,CBD ,レモン
パッケージ:330ml
アルコール分:7%
製造所:サンクトガーレン有限会社

▼業務用酒屋問屋の問い合わせ先
(株)河内屋ジェノス 電話窓口:0570-005-455
飲食店様用メールアドレス:fit_to-juchuu@mhkg.co.jp
7/3から1都3県出荷開始 ※場所、 天候により遅れる場合がございます。

▼宇田川カフェ系列販売対象店舗(7/3より)

宇田川カフェ本店
宇田川カフェsuite
宇田川カフェ別館
桜丘カフェ
FLAMINGO
Cafe BOHEMIA
The Closet
Jazz bar 琥珀
O'bo
bar segredo
下北沢propaganda
神田Pasta fresca
バンコクナイト(六本木)
バンコクナイト(銀座)

※関西、 九州、 沖縄は販売日程は近日宇田川カフェグループHPにて公開
https://www.udagawacafe.com/

【動画CM 】
https://www.youtube.com/watch?v=RgcShIKu6Eg

【Instagram】
https://www.instagram.com/shibuyabeer/
【通販サイト】
http://udagawacafe-shop.com


LD&Kが送る新世代IGTVメディア『FOCUS』発信開始

LD&Kの新規事業、渋谷近未来カルチャー研究所の所属スタッフが企画する、新規IGTVメディア『FOCUS』の発信が開始された。

『FOCUS』は、魅力ある人の「内面」を深掘りするインタビューシーンと、私服&セルフメイクでらしさが溢れるイメージシーンを掛け合わせ、映像美で表現したスタイリッシュなInstagramメディアとなる。
スマートフォンから気軽に楽しめる縦動画として、IGTV機能から発信していく。

カメラがフォーカスしていくのは、アーティスト、タレント、モデルといった表現者のみならず、クリエイターやエンタメ業界スタッフ、経営者など幅広いジャンルの方々。

更新は不定期にてゲリラ的に発信していく予定だ。
LD&Kが新しく送る新世代メディアに今後もぜひ注目してほしい。

【メディア詳細】

FOCUS (読み方:フォーカス)
―カメラがフォーカスするのは、それぞれのアイデンティティ。
https://www.instagram.com/focus.officialmedia/

◆本メディアでは随時出演者を募集しております。お気軽にDM宛にお問い合わせください。

【LD&K HP】
https://ldandk.com/


LD&K新規ラウドプロジェクト『M.A.D Id』1st season始動、 参加クリエイターとして作家/シンガー・ソングライター ハシバタカナリなどが決定

LD&Kの新規事業、渋谷近未来カルチャー研究所の所属スタッフが企画する、新規ラウドプロジェクト『M.A.D Id』の概要が発表された。
随時参加メンバー及びクリエイターを募集していく。

『M.A.D Id』は、ルックス面から女性を幸せにしてきたイケメン達と、それをクリエイティブ面で支えるクリエイターチームで作り上げるアーティスト型プロジェクトとなる。
1st seasonの参加クリエイターとして、悲撃のヒロイン症候群、STRAY SHEEP CLAYMORE、uijin、raymay、miscast、SPARK SPEAKER、MELiSSAなどの楽曲を手掛ける作家/シンガー・ソングライターのハシバタカナリなどが決まっている。


【プロジェクト詳細】
《アーティスト名》M.A.D Id
(読み方/マッドアイディー)

メンバー全員EXECUTIVE PRAYER級。
好きな人に狂ったようにハマることが 自分の身元証明となり、自分の幸福となっていく。
そんなカルチャーを肯定するアーティスト。

先にクリエイティブを制作中、楽曲やデザインの途中経過や打ち合わせの様子などを発信、随時完成したクリエイティブから先行公開していき、最終的にそこに当てはまるアーティストメンバーを決定する内容となっている。

アーティストメンバーの参加基準は「ルックスが良いこと」のみ。
音楽経験は不問としており、一般の方も含めて広く探していく。

決定したアーティストメンバーは1st seasonの活動内容を行い、1st season最後に実施するイベントでの指名本数及び売上集計でランキングが決定。上位メンバーは2nd seasonでの待遇が昇級するシステムを予定している。

■活動予定
《MUSIC》
ラウドやヴィジュアル系、EDMを主軸としたサウンドにて、参加クリエイターが楽曲を制作。
リリースは配信のみ、フィジカルはアパレルブランドと掛け合わせた販売をしていく。

《EVENT/MARCH》
女性が楽しめる依存性が高い貢ぎイベントを、クラウドファンディングを絡めて定期開催予定。
マーチ面ではチェキ、サイリウム、オリジナルシャンパンといった女性が楽しめるラインナップを想定。

《Youtube/TikTok》
クリエイティブの制作過程、アーティストメンバーが音楽人として成長していくストーリーをメインに、チャレンジ系や企画ものなど、決定したアーティストメンバーの個性に合わせた番組を配信予定。

《APPAREL/COSME/MODEL》
グッズとは別ラインのブランド『M.A.D Id』を設立。
参加クリエイターと制作するサンプルを先行で公開し、アーティストメンバーはその着用モデルとしても活動していく。
商品は全て受注生産にてYoutubeチャンネルから販売予定。

◆本プロジェクトでは参加クリエイターを随時募集中!作家、デザイナー、イラストレーター、映像制作、カメラマン、ヘアメイクほか。

【アーティストメンバー及びクリエイター参加希望、ほか全てのお問い合わせ】
https://www.instagram.com/mad_id_official/
DM ldandk.platform@ldandk.com
プロジェクトM.A.D Id担当者宛

【LD&K HP】
https://ldandk.com/


フリースナップZINE「現実的渋谷」新創刊。6月18日より渋谷 宇田川カフェ系列店などで配布開始!

宇田川カフェやチェルシーホテルなどのカフェ・ライブハウスを始めとし、 渋谷宇田川町を中心に飲食と音楽を軸とした多角的展開を行っている株式会社エル・ディー・アンド・ケイ(本社:渋谷区宇田川町18−4 代表取締役:大谷秀政)が2020年に新たに立ち上げたプラットフォーム事業部から、 渋谷発のカルチャースナップZINE「現実的渋谷」を6月18日より創刊することを発表した。
ネットの情報では伝えきれない渋谷のポテンシャルを引き出し紙面に表現。パワフルに生きる街の力を見せつけ、新世代カルチャーで盛り上げる。
 
ZINE(ジン)とは・・・ 
ストリートカルチャーを中心に注目を集めるリトルプレス冊子。 その元祖と言われているのは、 マーク・ゴンザレス氏(アメリカのプロスケーター)と言われている。
クリエイターや詩人などが自由に表現出来るツールとして話題となっている。
 
 
《現実的渋谷》誕生の背景
スマホの中で検索するだけでなく、 渋谷の面白い場所や人、 そしてカルチャーを探せる紙の本を作りたいという構想の元、 音声SNSのクラブハウスで有志者を集い、 誕生したのがこのフリーZINE「現実的渋谷」。
編集長は渋谷の人気カフェやショーウィンドウのデザインからブランド撮影などを広く手掛ける、 アートディレクター・ヒラタビンを迎えた。

《現実的渋谷》 ご挨拶
渋谷に集まる様々な人々、 渋谷から生まれるさまざまな文化…。
SNSやネットだけでは拾いきれない、 渋谷の「今」をクリエイターやカメラマン
被写体で表現するフリースナップZINE「現実的渋谷」です。
被写体は、 これから渋谷のアイコンになりえる方、 LGBTQ、 新たな職業などなど、
生き方の目標や希望になりえる方をモデルとして、 ご紹介いたします。
また、 撮影場所は、 SNSで話題の場所以外にも、 渋谷を体現する場所を探し出しました。
このZINEをご覧になって「渋谷に行かねば!」と感じていただければ嬉しいです。
-----------編集長 ヒラタビン

<<被写体・参加クリエイター募集!>>
掲載モデルの選出方法は主に路上スカウトやSNSによる自薦。
HPの問い合わせフォーム、 またはInstagramより受付を行っている。
カメラマンやクリエーターも同様に、 募集とスカウトで複数人を採用。 個々のクリエイティブ色を強調したページ制作を意識し発行していく。

【現実的渋谷 HP】
http://realisti-shibuya.sub.jp/
【現実的渋谷Instagram】
https://www.instagram.com/genjitsuteki_shibuya/

《配布箇所》

▼カフェ&レストラン
宇田川カフェ
https://www.udagawacafe.com/new/
宇田川カフェsuite
https://www.udagawacafe.com/suite/
宇田川カフェ別館
https://www.udagawacafe.com/bekkan/
桜丘カフェ
https://www.udagawacafe.com/sakuragaoka/
FLAMINGO
https://www.udagawacafe.com/cafe-flamingo/
道玄坂カフェ
https://www.udagawacafe.com/dogenzaka/
café BOHEMIA
https://www.udagawacafe.com/cafe-bohemia/
The Closet
https://www.udagawacafe.com/closet/
JazzBar琥珀
https://www.udagawacafe.com/kohaku/

▼ライブラウス
チェルシーホテル
http://www.chelseahotel.jp/
スターラウンジ
http://starlounge.jp/
クラブマルコム
https://club-malcolm.com/

 
■発刊元:渋谷近未来カルチャー研究所
■所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町18-4 LD&Kビル3F
■編集長:ヒラタビン
■ゼロ号発刊日:2021年6月18日

【現実的渋谷HP】
http://realisti-shibuya.sub.jp/
【現実的渋谷Instagram】
https://www.instagram.com/genjitsuteki_shibuya/
【現実的渋谷Twitter】
https://twitter.com/realistic_428
【LD&K URL】


かりゆし58前川真悟、ソロ作品第2弾配信リリース決定!

先日6/12(土)にソロとして初の作品「ストロボ」と「瞬間のマシンガン feat.ORIONBEATS」をリリースしたばかりのかりゆし58ボーカルの前川真悟。
彼のソロ作品第2弾「ハローカリフォルニアfeat.ORIONBEATS」のリリースが発表された。

かつてアメリカ統治下にあった沖縄は、カリフォルニア州の一部とされていた。
日本復帰を迎えた後も、米軍基地内はカリフォルニア州である。
コロナ禍に世界の動きが滞る間も、名護市辺野古ではダンプカーが長蛇の列をなし、 埋め立てによる基地建設を進める光景をスケッチした作品。

トラックメーカーは「瞬間のマシンガン feat.ORIONBEATS」に続き、前作全国的に活躍する沖縄出身の テクノDJ ORIONBEATS(廣山哲史_RYUKYU DISKO)で楽曲は心地の良いダンスチューンとなっている。

6/23は沖縄では慰霊の日となっており、その日にリリースとなる「ハローカリフォルニアfeat.ORIONBEATS」に込められたメッセージと併せて色々な歴史と現在の中にいる沖縄に思いを馳せることができる今作は必聴。

【作品情報】
2021年6月23日(水)デジタルリリース
「ハローカリフォルニアfeat.ORIONBEATS」

【前川真悟 配信作品一覧】
https://orcd.co/maekawashingo

【かりゆし58 公式HP】
http://kariyushi58.com/

【かりゆし58”15周年特設”HP】
https://ldandk.com/kariyushi58/15th/


湯木慧、映画『光を追いかけて』主題歌を書き下ろし!

表現することで‟生きる”ことに向き合い、表現することで‟生きる”ための感情を揺さぶる創作者・湯木慧が、
今年大きな飛躍を期待される10代俳優の一人である中川翼、長澤樹が主演し、生駒里奈、柳葉敏郎も出演する
映画『光を追いかけて』の主題歌「心解く」を書き下ろした。

映画『光を追いかけて』は、過疎化の進む秋田の美しい田園を背景に、傷つきやすい思春期の少年少女と大人たちの物語。
「僕だけがいない街」の中川翼が彰を演じ、「破壊の日」の長澤樹がヒロイン・岡本真希に扮した。また秋田県出身の柳葉敏郎が真希の叔父役、生駒里奈が彰の担任教師役で参加。ポカリスエットのCM出演でも大きな注目を集める中島セナ、そして駿河太郎、小野塚勇人(劇団EXILE)らも出演と大きな注目が集まる作品だ。
監督を務めたのは、秋田出身で多くのテレビCMなどを手がけてきた成田洋一。

予告編では、光を失った町に引っ越してきて“大人になることを強いられる”彰と、“大人になることを拒 否する”真希、そして閉校を哀しむ生徒たち、そうした子供たちの不安が、彰の父や真希の叔父・秀雄、閉校となる学校 の教師・美晴等、大人たちへも稲穂が風に波打つように伝播し、ミステリーサークルのように渦を巻きながらそれぞれの 葛藤が映し出される。光を追いかけて走る彰と真希が立ち向かう運命とは・・・。そして、米農家としての将来を憂う秀雄 たち大人の選択とは・・・。ミステリーサークル、それは“未来への儀式”。 ミステリーサークルが人々を未来へと導き、成長させていく。タイトルに謳われ、劇中で描かれた「光」に込められた想いが、観る者の心に浸み入る爽やかな感動の物 語が誕生する。ポスタービジュアルでも「光を望むな」「光となれ」という印象的なコピーと共に彰と真希 をはじめとして、それぞれの想いを秘めた表情を浮かべる。

【映画『光を追いかけて』予告編】
https://www.youtube.com/watch?v=K3jFerXM2ks


<<湯木慧コメント>>
主題歌を作ります。となってからまず思ったのが、秋田に行こう。でした。全く秋田に関わりのなかった自分が書いて良いのか否か迷いながらも色々な事の裏や表を想像し想いを馳せながら訪れた秋田は唯一無二の壮大な景色と香りでした。
大人と子供、内側と外側、光と影。
映画を観た方は勿論、幅広く多くの方の想いや心に寄り添いリンク出来る楽曲になったと思うのです。
是非映画と合わせて楽曲も沢山噛み砕いて欲しいです…。
秋田大好き。

<<成田洋一監督コメント>>
映画の主題歌は、実は考えていませんでした。エンドロールの背景は黒画面にし、朝の学校の効果音だけにするつもりでした。せっかくのストーリーの余韻が、音楽で邪魔されるのが嫌だったので。
ところが、編集の過程で、黒画面ではなく、映像を入れることになりました。そうなると主題歌を入れないともたないなと。ただ、曲が流れることで映画の世界観を崩すことはしたくない、むしろ、観客の余韻を増幅する曲じゃないと入れたくないと強く思いました。

もともと、湯木慧さんのことは知っていました。
その歌は、心の奥の方に隠している弱さを鷲掴みにし、目の前に突きつける、そんな容赦のなさがありました。心が震えました。この人に「心の肌」があるとするなら、限りなく薄く、触れるものは風でさえ敏感に感じ取り、常にヒリヒリする痛みを感じてしまう。痛々しい……彼女の歌にはそんな絶望の魅力を感じたのです。

僕の映画の世界観と彼女の歌の世界観は、確実に合う、でも、そこに未来はあるのか?そんな不安もありました。ただ、何度も何度も彼女のさまざまな曲を聴いているうちに、どの曲にも微かな光を感じました。未来はある。危険ではあるが、心中するのもおもしろいかと。そう思うと妙に高揚し、彼女しかいないと思うようになりお願いすることになりました。

初めて彼女に会った瞬間に、あぁ、やっぱりそうかと。もはや何の心配もないなと。この人の「心の肌」にまかせようと決めました。

映画を見てもらった上で、彼女の希望で秋田に向かいロケ地を案内しました。映画のシーンをひとつひとつ噛み締めるように彼女は見つめ、匂いを嗅ぎ、時には覚えてしまったセリフを口にしてました。
思い出深いのは、屋根の上。二人で登り、草刈りによって流れてくる青臭い香りを嗅ぎながら一時間あまり話しました。内容は覚えていません。おそらく頭に浮かんだ言葉の素直なやりとりをしていたのではと思われます。それで充分だったのではないでしょうか。

その後、あがってきたのが「心解く」です。

長期にわたる編集で何度も何度も見てきた作品でしたが、この曲がエンドロールとともに流れてきた時、あぁ、これでやっと完成したんだと思いました。と同時に「運命」という言葉が頭に浮かびました。そう、やはり運命だったのです。

「光を追いかけて」の宣伝コピーは「光を望むな、光となれ。」としましたが、実は映画が完成してから、つまり主題歌をエンドロールに入れてから浮かんできた言葉です。それは、まさにこの映画で真に伝えたかったこと。「心解く」が導いてくれたような気がします。

【”湯木慧"プロフィール】
表現することで"生きる"ことに向き合い、“生きる"ための感情を揺さぶる鋭いフレーズとメッセージで綴った楽曲と、五感に訴えかける演出を伴うライブパフォーマンスを武器に、自身の個展とアコースティックライブを融合させた企画等もセルフプロデュースするなどマルチなフィールドで活動する女性アーティスト。
2019年、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生~バースデイ~』でメジャーデビュー。
8月7日には早くもメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリースし、大阪・東京でワンマンライブ『繋がりの心実』を開催。11月にはGallery Conceal Shibuyaにて自身初の単独個展『HAKOBUne-2019-』を開催、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。
2020年6月5日にメジャーファーストEP『スモーク』をリリース。
23歳を迎える2021年6月5日に初のホールワンマンライブ『拍手喝采』が盛大に終幕。
そして、自身の新レーベル“TANEtoNE RECORDS”の設立を発表し、第一弾シングル「拍手喝采」のリリースを夏に予定している。

【映画「光を追いかけて」公式サイト】
https://hikariwo-oikakete.com

【‟湯木慧”Official Site】
https://yukiakira.com/
【‟湯木慧”Official Twitter】
https://twitter.com/Yuki_Akirart


ヒナタトカゲ、7月発売のミニアルバム「生きて」より、リード曲「天命」のMVを解禁!さらに同曲の先行配信も!

ヒナタトカゲが7月7日にリリースする初の全国流通盤「生きて」より1曲目を飾るリード曲「天命」のMVを公開した。
本MVは人間の生死をテーマに夕焼けの逆光で歌うメンバーが印象的な1曲だ。

「天命」MV
https://youtu.be/OfsWHFlRj48

また、MVの解禁に合わせジャケットデザインを公開、ヒナタトカゲのロゴに被さる様に「バンドマンとして生きていく上で必要なもの」が雑多に並べられたカラフルなジャケット写真になっている。

さらに、同曲「天命」の先行配信もスタート!各社サブスクリプションサービスにて一足先に聴くことができる。
天命の再生画面をインスタグラムのシェア機能で共有すると、ヒナタトカゲからのプレゼント動画企画もあるので是非チェックしてみよう。

「天命」配信URL
https://orcd.co/hinatatokage
★インスタグラムのストーリーで「天命」をシェアしよう企画
①インスタグラムにて、ご自身のアカウントから「天命」の再生画面をヒナタトカゲのアカウント(hinata.to.kage)を付けて投稿(シェアでもスクショでもOK)
②ヒナタトカゲのアカウントからDMにて一足先に全曲聴けちゃうトレイラー動画のURLをプレゼント!

※相互フォローをしていない鍵アカウントの方へはDMは送れませんので鍵を外してご参加ください。

ーーーーー
【リリース情報】

<商品情報>
アーティスト:ヒナタトカゲ
タイトル:生きて(読み:イキテ)
発売日:2021年7月7日(水)
価格:1,600円(税抜) / 1,760円(税込)
品番:LDLP-1001
POS:4580529530685
レーベル:LONG PARTY RECORDS
形態:CD(ミニアルバム)

<収録曲>
1.天命
2.メビウス
3.フロル
4.残像
5.しるべ
6.嫌々
7.愛故に
8.映画の話
ーーーーーー

【プロフィール】

ヒナタトカゲ
2017年結成の神奈川県発、日本語ロックバンド。
派手な見た目とは裏腹に、見る者を圧倒する真摯で情熱的なライブパフォーマンスと、
派手な見た目通り、共演者とライブハウスを圧倒する打ち上げで関東のライブハウスで活動する4ピースロックバンド。

HP:https://hinata-to-kage.jimdofree.com/biography/
Twitter:https://twitter.com/Hinata_to_Kage
instagram:https://www.instagram.com/hinata.to.kage/


インフルエンサーゆーちゃそ王子、LD&K新規事業「新世代開発ルーム」に所属決定

SNSでは計14万人のフォロワーを抱えており、数々の大型イベントや人気ファッションイベント、広告、テレビ番組に出演し、モデル、タレント、インフルエンサーとしてマルチに活動していた「ゆーちゃそ王子」が、LD&Kにエージェント所属することが決定した。

多数のアーティストが所属し、飲食やライブハウス運営など多角的にエンタメ事業を展開してきたLD&K内に新しく立ち上げた新規事業「新世代開発ルーム」と一緒に、心機一転活動の幅を広げていく予定。

【ゆーちゃそ王子コメント】
初めまして!
この度LD&Kにエージェント所属させて頂くことになりました、ゆーちゃそ王子と申します。現在はバンドとモデル活動しております。
新規事業部への所属ということで、自分自身も心機一転、様々な分野に挑戦してより活動の幅を広げていきたいと思ってます!

【公式ページ】
https://ldandk.com/shinsedaikaihatsu/portfolio/yuchaso_prince/

【SNSアカウント】
■Twitter:https://twitter.com/yuchaso_prince
■Instagram:https://www.instagram.com/yuchaso_prince/
■TikTok:https://www.tiktok.com/@yuchaso_prince?
■Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCt7aiAEsQO-bAM6vhSyT49w

【プロフィール】
■誕生日:10月26日
■スキル:英語/スペイン語/ボーカル/ギター/作詞作曲/モデル/各種デザイン及びディレクション/Youtube企画編集/プロデュース(バンド・アイドル等)
毎日投稿YoutubeチャンネルやポケカTikTokerとしても活動中。

LD&K新世代開発ルームは、Z世代向けアーティストやコンテンツ制作及び発信を、学生と共に行っていく新しい形の試験的部署となる。
今後所属アーティストやコンテンツ等を増やしていく予定のため、今のうちからチェックしてみてほしい。

【LD&K新世代開発ルームHP】
https://ldandk.com/shinsedaikaihatsu/


日食なつこ、1年4カ月ぶりの有観客ワンマンライブ『白亜』開催決定!

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、2021年7月2日(金)にヒューリックホール東京にて、有観客ワンマンライブ『白亜』を開催する
ことを発表した。

コロナ禍ではクラウドファンディングプロジェクトや連続配信ライブ、リリースなど精力的に活動を続けてきた日食なつこだが、有観客でのライブの開催はコロナ後
初、およそ1年4カ月ぶりとなる。サポートドラムにドラマー・komaki氏を迎えることも発表され、ピアノ×ドラムスタイルでのステージも決定した。

いよいよ本格的にライブが再始動する、その皮切りとなる本公演。新しい試みを展開した3月リリースの「音楽のすゝめ」、6月リリースの「真夏のダイナ
ソー」と共に、今日まで存分に蓄えたエネルギーが創り出す日食なつこ独自の世界観を是非、生で体感しに来て欲しい。

尚、ライブ配信は予定されていないとのこと。チケットは本日より先行受付が開始しているのでお見逃しなく!

【日食なつこコメント】
健康第一を最優先に△ツアーぶり1年4ヶ月8日越しの有観客ライブを開催します。

本物のダイナソーたちが駆け巡った時代の名を借りて公演名は「白亜」としました。
いつかこのコロナ禍が過去になった時、本公演が2021年初夏の有用な情報を
凝縮した、白く輝く化石の層のように貴重な存在になればいいなと思います。

【ライブ情報】
タイトル:日食なつこワンマンライブ「白亜」
開催日程:2021年7月2日(金)
場所:ヒューリックホール東京
時間:OPEN 18:15 / START 19:00
チケット料金:前売 ¥6,500 / 当日 ¥7,000(ドリンク代別)
チケット先行販売期間:2021年5月18日(火)20:00〜5月30日(日)23:59
チケット受付URL:https://eplus.jp/nisshoku-2021-hp/
お問い合わせ:SOGO TOKYO / 03-3405-9999

【新譜情報】
タイトル:真夏のダイナソー
発売日:2021年6月23日(水)
価格:¥2,000+税/¥2,200税込
品番:351-LDKCD
POS:4580529530654
レーベル:Living,Dining&kitchen Records
収録曲:01.真夏のダイナソー/02.ワールドマーチ/03.泡沫の箱庭
https://nisshoku-natsuko.com/SGMidsummer-dinosaur/

【日食なつこ公式HP】
https://nisshoku-natsuko.com/
【日食なつこTwitter】
https://twitter.com/NSN58


SpotifyCMなどに出演する女優・小宮一葉、LD&K AGENCYに所属!

どこかアンニュイで、だけどナチュラル。自然派な素顔とは裏腹に、様々な顔を持つ女優・小宮一葉がLD&K AGENCYに所属することになった。映画やTV、舞台だけでなく、spotifyのCM等幅広く活動を行なっている。
代表作品に今話題の今泉力哉監督の作品「こっぴどい猫」ヒロイン、吉田光希監督「三つの光」主演。(ベルリン国際映画祭正式出品作品)。

昨年末に発足したLD&K AGENCY初の本格派女優・小宮一葉が、今後どんな活躍をするのか、期待してほしい。また、本人の希望で出演だけではなく、執筆や制作等の仕事もしていくつもりだ。女優としてではなく、作家としての小宮一葉がどんな作品を魅せてくれるのか、乞うご期待!
https://ldandk-agency.com/portfolio/komiya/

◆本人コメント
初めまして、小宮一葉と申します。
この度ご縁があってLD&Kに所属させていただくことになりました。
私は今まで俳優として映画、CMを中心に活動してきました。数年前からは音楽活動、コラム執筆など、昨年からは映像制作もしています。俳優としての活動を幹として、枝葉のように色々な可能性やお仕事を伸ばしていけたらと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆小宮一葉プロフィール
161cm、A型、東京都出身。
東京音楽大学ピアノ科卒業。
在学中に今泉力哉監督作品「最低」に出演、 TAMA映画祭優秀女優賞ノミネート。
舞台出演にマームとジプシー 「cocoon」など。近年は「faela」名義でsingle 『em』をitunes他でリリース。